【メバル8耐チャンレジ】秋田ラウンド 加藤宏崇 編 密着ダイジェスト

8時間という限られた時間内に、プラグだけでメバルを狙う『メバル8耐チャレンジ』。7名中5名が挑戦済みで、現在はトータル10mに対して764cm。あと236cmでクリアとなるが、大胆にも『3m』と過去最高目標を提示する加藤さんが挑戦。フィールドポテンシャルが高い秋田だが、当日の天候は強風&豪雨。この状況下でいかに個人トータル3mを獲るのか…!?imaメバルプラッギングバラエティ第6弾、熱釣開始!!

 

6thアングラーは秋田のソルトターゲットを知り尽くす加藤さん

TESTER

加藤 宏崇 かとう ひろたか

秋田県在住。雄物川のリバーシーバスや秋田運河をメインに男鹿半島での磯マルやサーフゲームなどを得意とする。シーバスは年間250日以上釣行する現場主義のエキスパートだ。メバルに関しても経験が豊富で、男鹿半島を中心に磯や漁港で大小様々なメバルをターゲットに楽しんでいる。

まず、メバル8耐のオファーを受けた感想をお願いします。

加藤:テスターになる前からガッツリとメバル釣りはしていたので、オファーをもらったのは素直に嬉しかった。元々、バスタックルでロックフィッシュやシーバス、メバルなど全てやっていたので、思い入れが強い釣りです。あと最近は秋田もアフターシーバスが釣れ出していたんですが、アフターを追っかけるよりもメバル釣りばっかりしていました。ガチンコでこの企画に挑んでいたので、メバル釣りの楽しさを再認識していたところでした。

かなりこの企画に本気だったのが伺えますが…今回の釣行プランを教えてください。

加藤:本当は男鹿半島の南面をやろうと思ったんですが、今日は南西風が強いので風がかわせる北側や港湾でやってみようと思います。もし状況がよければサイズが欲しいので南面へ…長メバルを恐れずいってみたいとは思っています。

ズバリ今回の目標サイズは?

加藤:理想は高く…最初に低くして臆病に思われたくないので300cmでいきたいと思います。

スタッフ:男らしい!ですが…そうなると10mを越えてしまいますね?

加藤:あ…あくまで理想的な個人目標なので!

強風&大雨予報ではあるが意気込み十分。フィールドポテンシャルと自分を信じた目標を掲げ、いざ実釣へ!

本番前に色々な時合いに突入!?

時刻 16:17

実釣ポイントとなる男鹿半島までは車で1時間ちょっとの距離。秋田市内から向かう車内でいきなり加藤さんが車を停める。

加藤:ここら辺で…

海までまだ遠い場所で一体何を!?

加藤:この雨で時合いに入っている魚がいると思うので。

スタッフ:メバルでしょうか?

加藤:ヒゲのあるメバルですね…新種です(笑)音でルアーに気が付く魚なので…あ、対岸に刺さった。提灯釣り! もうちょっと雨が降ると遡るメバルもいるんです。あ、じゃなくてヒゲメバル。

スタッフ:それはいわゆる…ナマズ?

加藤:今回はヒゲメバルが不在だったんですけど、余裕があれば撃ち直したい。

スタッフ:そろそろ向かいましょう〜加藤さ〜ん!

いきなりマイペース?天然?キャラが爆発気味の加藤さんであった。ここからようやく男鹿半島へ向かうと思いきや、加藤さんは秋田市内の中心部に車を走らせる。

スタッフ:加藤さん、今度はどこに向かってるんですか?

加藤:本当は今すぐにでも男鹿半島に向かいたいのですが、それを抑えられないくらい立ち寄りたい場所があるので、そちらに寄ってから男鹿半島に向かいたいと思います。

時刻 17:15

加藤:僕が立ち寄りたい気持ちを抑えられなかったのがここ。秋田のアングラーが大好きな末廣ラーメン。遅い時間まで営業しているので、よく仕事帰りに秋田運河とか雄物川下流で釣りをしてからここへ来て、パッと食って家で寝る…そんな生活をしていますね。

『末廣ラーメン本舗 秋田山王本店』
加藤さんおすすめの濃い目のスープが効いて旨い! 秋田アングラーがこよなく愛す末廣ラーメン。秋田市役所の目の前にあるビルの1Fで、加藤さんが頼んだのは末廣中華そば(大)。それにヤキメシ黄身のせを追加。

スタッフ:ネギ入れすぎじゃないですか?

加藤:この店はセルフでネギが入れられるので…結構な量を入れてネギの二郎系というか、まだまだ…もっとこうカツーンといって。基本的には丼の1/3くらい入れちゃう感じ。食べる時ははじめにネギを混ぜちゃうとスープが冷えちゃうので、麺を食べながらあとでネギをひっくり返すみたいなノリですね。…もうちょい乗せたいな。

スタッフ:これちょっとやりすぎですよ(笑)

加藤:地元のネギ好きの人はこんくらいですよ。これで足りなかったら最後は『追いネギ』にして食べる感じですね。まだメバルを狙うには光量がありますし、こういう時はまず自分の時合いが先に入っちゃうんで。先にこれを捕食してからメバル釣りに行きたいなぁ〜と思います。

〜ラーメン(&ヤキメシ)完食〜

加藤:お腹もいっぱいになったので、ぼちぼち男鹿半島へ向かいたいと思います。頑張るぞ。

メバル8耐チャレンジ:秋田ラウンドスタート

時刻 19:50

ようやく男鹿半島へ到着したのは20時前。事前の話では磯で大型を狙うと言っていた加藤さんだが、ポイントは…漁港?

加藤:南西の風が強いので、男鹿半島の南面の磯場は波が強くて厳しい感じでした。さらに長メバルが釣れてしまう可能性があるので、それを避けて安全にメバルが釣れる漁港で釣りをしていきたいと思います。

スタッフ:ここはどういう場所なんですか?

加藤:男鹿半島のほぼ北側なんですけど、南西風で漁港へアミなんかも入ってメバルはそれを食べている感じですね。風が吹き抜けているんで、ウィンドドリフト気味で釣っていきます。

最初にチョイスしたのはkosuke 35F(プロト)。一投目からアタリが…でもバイトを弾くようなアタリのため乗せられず。その後も反応があってフッキング!

あっけないほどの速攻でファーストヒット!

時刻 20:01

加藤:男鹿半島のアベレージでは小さいめだと思います。1トレースで2バイトありましたので順調です。とりあえずこのメバルはリリースします。

加藤:あ、ネットにエラ引っかかった。逃がす時間が…逃がす時間でタイムロスしてるじゃないですか。キャストしている時間より逃している時間のほうが長いかもしれない。

釣果DATA

1尾目メバル
釣果時刻20:01

その後、風が強すぎてゆっくり流せない状況に苦戦。ただしボイルが出始めた。

加藤:あ、アタった…あ〜バレた! ドラグ出ていたから良いサイズかもしれないですね。でもまだボイル出ているから状況は悪くないかも。

そして順調に追加バイト。今度はしっかりとフッキング! それにしても巻きが力強い。

加藤:普段、磯場とかでやっていると潜られたら終わりなんでドラグは出していないんです。通称「男巻き」です。

2尾目はサイズアップ。港湾ではかなり良型の25cm!

時刻 20:16

加藤:25cmありますね。港湾ではなかなか出会えないサイズ。前日プラまでに、たまたま南風が吹いて磯のパターンが漁港でも当てはまった状況を見付けられたんです。アミなどのエサがワンドに入る感じで漁港へ流れていって、メバルが食っている。自分でもびっくりしたんですが、良いサイズが釣れるんです。

釣果DATA

2尾目メバル
釣果時刻20:16

この後、kosuke 35F(プロト)で3尾目をキャッチ。

加藤:右側の潮が効いているラインを通したら、流れを好むブルーバックが釣れました。いわゆる黒メバルなんですが、綺麗な色でもうちょっと水温が上がってくると、さらに鮮やかなブルーになります。かっこいいので好きなんですよ。

釣果DATA

3尾目メバル
釣果時刻20:26

風や流れの状況が一瞬で変化。それに伴いルアーも引くコースもチェンジ

時刻 20:37

加藤:とりあえずkosuke 35F(プロト)で3尾獲れたのでルアーチェンジ。次はプロトのシンペンを投げたいと思います。少しポイントを休めたいのもあってトレースコースを変えてみます。

すぐに反応があり4尾目をキャッチ!

釣果DATA

4尾目メバル
釣果時刻20:40

加藤:もうちょっとプロトシンペンで…流し方を変えながらアプローチしていきます。あれ、風変わってきましたね…南西風から南東の風になって…欲しくない方向になっちゃいました。表層の流れは逆になったのでピンポイントは変わったかもしれません。離れた堤防のケーソンの藻場に付いているメバルを狙ってみたいと思います。

しばらく流してみるも反応なし。するとすぐにコースを変えていく加藤さん。

加藤:表層の流れも変わったので、自分の立っている消波ブロック際の藻場へ流していきます。あ、アタリましたね。やっぱり手前かもしれません。流れ変わるとメバルのポジションも変わるので、時間、風、潮の経過でどんどん流す場所を変えていく。一日ですごい変化があるのですごく楽しい釣りですよね。あ、良いの来たかも!?

加藤:長さはそうでもないですけど、体高があって良いコンディションです。

釣果DATA

5尾目メバル
釣果時刻21:03

淡々と釣っているようだが、刻一刻と変化する風や流れに合わせて、1キャストごとにトレースコースやルアーをこまめにチェンジしていく加藤さん。この繊細さが数を伸ばすコツ!?

掴んだパターンが崩壊!?変化へのすり合わせで調整

時刻 21:21

加藤:ようやく掴んだと思ったんですけど、反応なくなりましたね。すぐにパターン崩壊しちゃったかも?でもまだ魚は表層を意識していると思うんですけど…船道の流れがしっかりあるところへキャストしてみます。

しかし反応なし。

加藤:ダメだ。流れが変わったのでルアーをチェンジします。再びkosuke 35F(プロト)。流れがだいぶトロっと緩くなったので、しっかり流れが効いているところを選んでいけば釣れるんじゃないかと。あ、止めたら来ましたね。

釣果DATA

6尾目メバル
釣果時刻21:21

加藤:今度は風が弱まりましたね。でも南東の風より、まだ無風気味のほうが良いですね。風は弱いけど流れはあります。あ、今度は大きい…今日イチかも!?

釣果DATA

7尾目メバル
釣果時刻21:38

加藤:白メバル狙いの「止めて口を使わせる」感じでやっていたけどブルーバックが来ました。

ここまでで最大の26cmをゲット! この後、さらに同じくkosuke 35F(プロト)で8〜9尾目を追加。この時点ですでに個人累計2m突破となった。

釣果DATA

8尾目メバル
釣果時刻21:49

釣果DATA

9尾目メバル
釣果時刻21:57

反応がさらに無くなり…レンジを下げて対応!

時刻 22:33

加藤:さっきまではプカプカ浮かせて止めていると、口を使っていました。でも反応がまた無くなりましたので、ちょっとレンジを下げてみようと思います。藻に引っ掛かるかもしれませんが、高確率で回収できますので恐れずキャストします。

ここでmeba CALMを投入。いままで表層付近を狙っていたが、中層からボトム付近までをチェックしていく作戦だ。

加藤:反応がなくなってきてもメバルはポイントからいなくなるのではなく、意識しているレンジや捕食スイッチが切れているだけです。そこでmeba CALMでレンジを下げると…。

釣果DATA

10尾目メバル
釣果時刻22:33

加藤:良い食い方してきました。中層より気持ち下を巻いて止めて…の繰り返しでガツンと来ました。

スタッフ:この時点で総計999cmをマーク。え〜、10mいっちゃいますよ!? そろそろ終わっても良いんじゃないですか!?

加藤:え、まじですか。あと1cm?でも3m行くって公言しちゃったんで、もうちょっと釣らせてください!

その後、同じくmeba CALMでヒット!

釣果DATA

11尾目メバル
釣果時刻22:48

これで全目標の10mを突破してしまうが…順調すぎる秋田ラウンドはまだまだ続く!

10mを達成するも個人目標の3m越えを目指す

時刻 23:00

加藤:とうとう先輩たちの記録と合わせて10mを突破しましたが公言した3mは越えたいので、もうしばらく釣り続けます。同じくmeba CALMで12尾目指したい。

そのままカラーも変えずに12尾目を楽々ゲット。

釣果DATA

12尾目メバル
釣果時刻23:00

加藤:今度はルアー変えてダッシュで釣ります。風がまた入ってきて、エントリーした状況と似てきました。だからkosuke 35F(プロト)にチェンジ。

スタッフ:辺見さんの記録を完全に抜く方向ですね?(笑)

加藤:いやいやそんな…辺見さんはすごい方なので、それに近づけたくて。あ、ちょっとバラしちゃいました!

若干動揺が見えたが、kosuke 35F(プロト)の表層ウィンドドリフトで…。

釣果DATA

13尾目メバル
釣果時刻23:00

加藤:これで3m越え。とりあえずは安心しました。プラでこれくらいは釣れるって思ったので、いつも通りの釣りができて嬉しいです。

スタッフ:さらにキャストする加藤さん。誰を越えたいんですか?(笑)

加藤:え…えーっ、もうちょっとやりたいなと。尺近く出ていないので。ラスト1本になりそうですけど…。

スタッフ:結構な雨降っているので、そろそろ限界かもしれませんよ〜!

加藤:雨大粒になってきましたね。予報通り日付変わる頃には本降りになりそうですね。でもラストにブルーバックの尺近いのを釣りたい。メバルだけはこだわっていた釣りなので!

最後の最後に最大魚がヒット…出るか尺メバル!?

その後、雨が本降りになりつつあって、少々焦り気味な加藤さん。最後の秘策としてここまで温存していたルアーを投入する。

加藤:実はAldenteとかも表層ドリフトに良いんですよ。シーバス用のバチ抜け用シンペンってすごい有効で、いろいろ試してみるのもアリだと思います。…すみません、なるべくプロトで釣りたかったんですがルアー変えてみます…ここでAldente 70S!

しばらく流していると…。

加藤:お〜…おおおお〜…お〜…グッドサイズのブルーバック!

釣果DATA

14尾目メバル
釣果時刻23:00

加藤:男鹿半島ではこれが本当のブルーバックって言います。水温が17度くらいになるとこういうブルーバックが増えてきます。尺…と思ったけど、惜しい29cmの泣き尺。理想は30cm欲しかったんですけど、雨も強くなって厳しくなってきたのでそろそろ終わりたいと思います。素晴らしい魚が最後に釣れて感謝です。これで先輩たちからもらったバトンも次へ渡せたと思いますので安心しました!

メバル8耐DATA

秋田ラウンド加藤宏崇
実釣場所秋田県 男鹿半島
実釣日時5月17日(木)
潮汐中潮
干潮23:04
満潮6:19
実釣開始時刻19:50
実釣終了時刻23:37
最終結果334cm

 

メバル釣果総計10mクリア!10m98cm

関連動画はこちら

メバル8耐チャレンジ 秋田ラウンド 加藤宏崇編

line

IMAGおすすめ記事
2018/8/10 大久保亨一 宮城サーフ初挑戦!アウェイサーフの攻略法
2018/8/7 IMAG上半期ランキング
2018/7/31 【メバル8耐チャレンジ・総集編2/2】 〜プレイバック&メバルルアーへの継承
2018/7/26 【メバル8耐チャレンジ・総集編1/2】〜プレイバック&メバルルアーへの継承〜
2018/7/25 憧れのマグロに出会おう!夏のマグロゲーム攻略術Banett 190F ツナチューン × 木下真

週間ランキング累計

週間

  1. 2018/08/10大久保亨一 宮城サーフ初挑戦!アウェイサーフの攻略法

  2. 2018/08/16Do You Know? vol.11 〜 Rocket Bait 95 × 加藤 宏崇 編 〜

  3. 2018/08/02【ima NEWS 9月号】APPAREL & ACCESSORY

  4. 2018/08/07IMAG上半期ランキング

  5. 2018/08/02【ima NEWS 9月号】NEWCOLOR! komomo SF-110/125, sasuke 120/130剛力, YOICHI 99 light

累計

  1. 2018/02/132018 新製品特集 2:somari 90【開発秘話】

  2. 2018/02/082018 新製品特集 2:somari 90

  3. 2018/03/19メバル8耐チャレンジ ~ガチシーバスアングラー7人による「メバル釣果総計10m」への挑戦!~

  4. 2018/02/21ima NEW PRODUCT somari 90 (ソマリ 90) スイム動画

  5. 2018/01/05濱本国彦が説くドリフトの極意 ラインスラックを制す者はドリフトを制す 濱本国彦 in鹿児島県・肝属川