この秋おすすめ! imaヒラメ&マゴチルアー3選 サーフ編

秋のルアー3選、最後を飾るのはシーバス狙いではなく、ヒラメ&マゴチをターゲットとしたサーフ編。そのルアーを選んでくれたのは、茨城サーフを知り尽くす大久保さん。「秋の荒食いは水温と岸際の状況が安定してから。高水温と台風には要注意!」。これから始まる爆釣シーズンを、より楽しむために欠かせないルアーを選出してくれた!

水温が20℃になれば安定した「荒食い」シーズンへ!

ヒットルアー:Santis 40/アカキン

9月の前半はまだ水温が高く、25℃前後になる9月半ばくらいからようやく魚が動き出します。マゴチは「照りコチ」といい夏も好釣ですが、ヒラメは20℃前後くらいが適水温です。安定して釣れだすのは、やはり10月になってから。そうなるとヒラメも冬支度のために秋の荒食いシーズンへ突入します。魚の活性も高いので、数釣りもサイズも狙えるヒラメのベストシーズンといえるでしょう。しかし、秋は台風のシーズンでもあります。ヒラメやマゴチにとって、波が高くなる荒れた状況は陸っぱりで釣る場合よくありません。次では、その原因を解説したいと思います。

ベイトの接岸は台風などで荒れていない事が条件

9~10月になると、水温が低下してヒラメにとって居心地の良い適水温になってきます。さらに魚の活性を上げてくれるのは、ベイトフィッシュの接岸です。秋はベイトフィッシュもサーフへ接岸する時期。茨城県の鹿島付近では、セグロイワシ、サバ、アジの群れなどが寄ってきますし、キスも多いシーズンです。こういったベイトフィッシュが接岸するかしないか、これによってヒラメやマゴチの接岸にも影響してきます。ここでも一番のカギとなるのが台風などの影響です。サーフが荒れている状況ではベイトフィッシュも接岸しないので、岸際が安定していることが条件になります。穏やかな日が続いていれば、ベイトもヒラメ&マゴチも接岸してくれる、秋の爆釣を経験できるチャンスといえます。

おすすめルアー1:sasuke 120 裂波

ヒットルアー:sasuke 120 裂波/アカキン

sasuke 120 裂波

  • 全長 120mm
  • 重量 17g
  • タイプ フローティング
  • レンジ 70〜90cm
  • アクション ウォブンロール
  • フック #6
  • リング #3
  • 誕生日 2004/9/21

秋に限らず、まずはミノーで活性チェックが基本。適水温であれば魚の活性は高い=表層を意識した魚が多いと考えられます。sasuke 120 裂波はパイロットとして常に使っていますが、まず魚が居るか居ないかサーチするためにローテーションの最初にくるルアーだと思っています。巻き方はスローかデッドスローリトリーブで、表層への意識が高いヒラメ、マゴチをチェック。それで反応がなければ、ボトムまでチェックするルアーへローテーションしていきます。

sasuke 120 裂波

おすすめルアー2:Santis 40

ヒットルアー:Santis 40/アカキン

Santis 40

  • 全長 76mm
  • 重量 40g
  • アクション ローリング+スラローム
  • フック フロント#8/リア#6
  • リング #3
  • ブレード NEW ima Blade
  • 誕生日 2017/10/31

sasuke 120 裂波で反応があったけど、バイトには至らない…もしくは向かい風があるときなど少し荒れていて、また沖を攻めたい。そんな場合に活躍してくれるのがSantis 40。遠投性能が抜群なので沖のブレイクなども攻められますし、立ち上がりも良いのでスロー巻きでボトムチェックができます。Santis 33でも良いのですが、引き抵抗も軽くワイドな動きでアピールしてくれるSantis 40を最近は多用しています。使い方は、基本的にストップ&ゴーにステイ(止め)を加えるストップ・ステイ&ゴー。多少荒れている状況であれば、一度しっかりボトムを取り、デッドスローでトレースしていくと効果があります。

Santis 40/マコイワシ

おすすめルアー3:YOICHI 99 BALLISTA

ヒットルアー:YOICHI 99 BALLISTA/アカキンOG

YOICHI 99 BALLISTA

  • 全長 99mm
  • 重量 36g
  • アクション シンキング
  • フック #3
  • リング #4
  • 誕生日 2018/11/30

ローテーションの一つとして加わったのが、新製品のYOICHI 99 BALLISTAです。このルアーの特長は、YOICHI 99よりさらに飛距離がかせげる事。ぶっ飛んでくれる上に、沈みが速いのでボトムへ差し込んでいけます。使い方は、ドリフト気味のリフト&フォール。リフトしてから引き波に合わせて沖へドリフト。寄せ波では手前へ寄せてくる感じの…言ってみればボトムバンプ的な使い方になってきます。ボクはリフト&ドリフトと呼んでいますが、Santis 40でもなかなか口を使わない低活性の状況では効果があると思います。

YOICHI 99 BALLISTA/イバラキキャンディー

まとめ

おすすめの3ルアーをローテーションしていけば十分効果的だと思っていますが、さらに1つ加えるとすればNABARONE 150F。sasuke 120 裂波のようにパイロットルアーとしても使えますし、晩秋の荒食い最盛期ではNABARONE 150Fのワイドな動きがハマりやすいです。魚の活性に合わせて裂波と使い分けていけば、より数釣りのチャンスも増すはずですよ!

ヒットルアー:YOICHI 99 BALLISTA/アカキンOG
TESTER

大久保 亨一 おおくぼ りょういち

茨城サーフをホームとし、南房総から常磐方面までをカバーするフラット専門のランカーハンター。いろんな魚を季節ごとに狙うが、現在はヒラメをメインターゲットにしている。

公式商品ページ

line

IMAGおすすめ記事
2018/10/16 K-太 ”秋の爆釣” 活用術
2018/10/11 YOICHIシリーズ使い分け
2018/10/9 YOICHI 99 BALLISTA開発秘話
2018/10/4 「真夏の水面炸裂作戦 第2ラウンド 熊本・天草編」 山田秀樹 オトコの後日談
2018/9/27 Empathy 90だけじゃない! 2018年秋の気になる新製品

週間ランキング累計