この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選 港湾編

秋はベイトフィッシュに付いたシーバスが爆釣!しかし、思っているほどイージーじゃない!?「場所さえ見つければ釣れますが、いつでもどこでも釣れるわけではありません。まずはベイトの存在が必要不可欠です。これはどのシーズンでも重要な要素ですが秋は特に群れで入ってくるベイトがキーになってきます。そんな群れのベイトについたシーバスを探すことが釣果を出す最重要項目です。」 釣るより見つけるのが大事な秋。そんな秋の釣りにベストなルアーを選んでもらいました!

港湾部では膨大な量のベイトフィッシュが行き来する

港湾部、それに繋がる都市部の河川などでは、9月中旬頃からカタクチイワシ、サッパの群れを中心にイナッコなどもスポットで出入りしてきます。河川では河口部だけでなく上の方まで入ってきますが、その数は膨大。魚の量が多いので、場所に当たりさえすれば爆釣が経験できる時期になります。ベイトもシーバスも多い時期なので爆釣とはいかないまでも他シーズンではまったく釣れない場所が良いポイントに化けたりすることも秋の特徴です。ただし、その日その時の状況次第で居る場所は変わり、ベイトがいなければまったく反応がなくなるので見切るタイミングもわかりやすくなってきます。もしダメだったら場所を移動するか、その日の釣果情報を早めにつかむなどポイントをサーチしていくのが重要になります。

ベイトが集まるところ、回遊してくるところが有望ポイント

その状況で有望なポイントになってくるのが「ベイトが集まるところ、回遊してくるところ」。港湾部でいえば、流れが効いている沖の潮目の内側や流れの緩いシャロー、常夜灯やストラクチャーの周り、橋脚、駆け上がりなどもそうです。壁際もベイトが回遊してくる一つのポイントになります。ポイントごとに、そこにどう流れが効いているかでベイトの回遊の仕方や集まり方が変わるのでそれによってシーバスの動きも変わってきます。色んな場所で釣れる可能性がありますので、流れ+αのポイントの中で色んな変化をサーチしていく釣りになります。おすすめルアーも当然それにあったピンスポットの壁際用、サーチ用といったバイブレーションなどが中心。以下では実際に良い3つに絞って解説していきます。

ヒットルアー:B-太 70/コットンキャンディー

おすすめルアー1:B-太 70

B-太 70

  • 全長 70mm
  • 重量 8g
  • タイプ シンキング
  • レンジ 60〜100cm
  • アクション ウォブンロール
  • フック #8
  • リング #2
  • 誕生日 2004/6/21

まずは港湾部でも使用頻度が高いB-太 70です。壁際を攻めるのにも良く、小技で攻めていくのにピッタリなルアーですが、どの壁でも良いわけではありません。流れがぶつかっている壁の面や、常夜灯の灯りが落ちている壁、水深の浅い壁もおすすめです。基本はただ巻きメインですが、トゥイッチなどの小技も効かせて誘っていきます。港湾部では特に使用する場面が多いルアーですが、いいポイントに当たりさえすれば魚の数自体は多いので、難しい事はしなくても良く釣れると思います。

B-太 70/ライムバックパールグロー

おすすめルアー2:koume 70

ヒットルアー:koume 70/レッドヘッド

koume 70

  • 全長 70mm
  • 重量 13g
  • タイプ シンキング
  • レンジ 70〜150cm
  • アクション バイブレーション
  • フック #8
  • リング #3
  • 誕生日 2010/4/28

港湾部のデイゲームではオープンなシャローエリアだけでなく、その他の小場所でもバイブレーションの使い勝手の良さが活きてきます。もちろんナイトゲームでもサーチ用として活躍しますが、オープンエリアや運河の中でもシャローエリアのボトムを探っていく釣りでは、飛距離&幅広いレンジを探りやすいkoume 70が良いと思います。koume 70は後に出てくるSCHNEIDER 18より小技が効かせやすいので、ロッドアクションを加えながらのただ巻きで釣りをしてみてください。

koume 70/ボラグロー

おすすめルアー3:SCHNEIDER 18

ヒットルアー:SCHNEIDER 18/メタルシャッド

SCHNEIDER 18

  • 全長 68mm
  • 重量 18g
  • タイプ シンキング
  • アクション バイブレーション
  • フック #8
  • リング #3
  • 誕生日 2018/4

港湾部の深いポイントでは、速く落とせて深いレンジをキープしやすい鉄板バイブのSCHNEIDER 18が良いです。オープンを回遊してくる魚をただ巻き+スピードの変化を加えながら引いてくる感じで使います。運河のシャローエリアでも18gと軽めなので対応可能。koume 70より小技は効かせにくいかもしれませんが、飛距離が出せるのでより広範囲を探れることで釣れる確率は格段に上がるでしょう。ただ巻きはもちろん軽くアクションを加えるのも良いと思います。

SCHNEIDER 18/メタルシャッド

まとめ

秋は魚の数も多く色んな場所で釣れたり爆釣にも当たりやすいシーズン。でも、毎年同じ場所へベイトが入ってくるとは限りませんので、今ベイトとシーバスがリンクしているポイントを探していく…これが釣果への早道となっていきます。群れはあちこちにいる可能性がありますので、その日の正解は一つではありません。反応がなければ早めに移動するのをおすすめします。

PRO STAFF

大野 ゆうき おおの ゆうき

東京湾奥をホームに年間1トンを越す水揚げを誇るソルト界屈指のアングラー。レンジ、アクション、スピードの3つの要素を軸にルアーローテを展開。マッチ・ザ・ベイトに頼らず安定した釣果を叩き出す。

公式商品ページ

line

IMAGおすすめ記事
2018/10/16 K-太 ”秋の爆釣” 活用術
2018/10/11 YOICHIシリーズ使い分け
2018/10/9 YOICHI 99 BALLISTA開発秘話
2018/10/4 「真夏の水面炸裂作戦 第2ラウンド 熊本・天草編」 山田秀樹 オトコの後日談
2018/9/27 Empathy 90だけじゃない! 2018年秋の気になる新製品

週間ランキング累計