この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選 干潟編

秋の干潟は爆釣イメージが強い。しかし、そのため連日多くのアングラーに攻められ続けプレッシャーも高い。そんな釣れるけど手強い、いまの干潟を良く知る辺見さんが言うには…「最近は大きなルアーが人気ですが、昔から使われている9cm前後のルアーがいろんな状況にもマッチしやすいんですよ」

秋の状況1:水温が低下して干潟環境も向上

秋の干潟は、水温が低下していくにつれて魚がどんどん増えていきます。干潟というシャロー帯は、太陽光がしっかり届くのでアマモなどの水生植物が生い茂り、川が近ければ他より低水温の水が流れ込んでくるので魚にとって良い環境だと思います。

しかし、9月いっぱいはまだ水温が高く、シャローとディープを魚が行き来している状況になります。まだ難しい状況ですが、10月に入れば水温が全体的に下がり、シャローへ魚が入りだします。

干潟が本格的な秋を迎えるのは10月以降と考えていただければ良いんじゃないでしょうか。

数多くのベイトフィッシュに合う90mmサイズ

秋の干潟はベイトフィッシュの数、種類ともに多くて、サヨリ、トウゴロウイワシ、イナッコなどが入ってきます。サイズなどもバラバラで、大きいベイトもいれば小さいのもいます。最近は大きめなベイトフィッシュに合わせたビッグミノーに注目が集まっていますが、昔はシーバスミノーといえば9cmが基本でした。そのサイズ感はいろんなベイトフィッシュに合いやすく安定しているので、ベイトパターンを選ばずに良く釣れると思います。

そこで、ボクがおすすめするのは9cm台のルアーをメインにして、前後のサイズへ調整する釣り方です。9cm台でダメなら少しサイズを落とし、アピールが足りないと感じたらサイズアップ。

このローテーションをぜひこの秋、試してみてください。

ヒットルアー:iBORN 98F shallow/クリーミチャート

おすすめルアー1:iBORN 98F shallow

iBORN 98F shallow

  • 全長 98mm
  • 重量 13g
  • タイプ フローティング
  • レンジ 0〜20cm
  • アクション ワイドウォブンロール
  • フック #4
  • リング #3
  • 誕生日 2015/9/10

まず使いたいのが9cm台ミノーのiBORN 98F shallowです。サーチ能力に長けており、メインベイトにマッチしたサイズなので魚と出会う確率が一番高いと思います。このルアーは誰でも簡単にシャローエリアの干潟で使うために開発されていますので、ただ巻きをしているだけで浅いレンジをきっちり手前まで引いてくることができます。

干潟で使うメリットが多いルアーですが、デメリットをはっきり申しますと…高速引きをすると水面から飛び出す場合があることです。これには理由があって、潜るルアーは速く引くと、思っている以上に潜ってしまい根掛かりの可能性が高まります。

その点、iBORNはナイトゲームでしっかりと見せながらスローに引く釣りに特化したシャロー専用のルアーなので、根掛かりも未然に防いでくれるんです。また、幅広いリップは飛行姿勢を良くしてくれますのでキャスト性能にも優れ、「よく飛んで潜らない」という干潟の絶対条件を満たしてくれています。

iBORN 98F shallow/リッチメロン

おすすめルアー2:iBORN 78F shallow

iBORN 78F shallow

  • 全長 78mm
  • 重量 8.5g
  • タイプ フローティング
  • レンジ 10〜40cm
  • アクション ワイドウォブンロール
  • フック #6
  • リング #3
  • 誕生日 2016/4/25

次に使うのは同じくiBORNの78F。このフローティングミノーは、実は淡水域では沈むんですよ。外海の塩分濃度が高いエリアではギリギリ浮くようになっていて、汽水域ではサスペンドします。そして、淡水の影響が強ければシンキング。そのおかげで着水してから立ち上がりが良く、ただし引いていると潜りはしませんのでシャローでの使用に適しているのは変わりません。そして、若干の速巻きには対応力がありますので、日中の見切られやすい時にクイックな動き…トゥイッチなどのアクションをさせても扱いやすいです。

干潟でも川の影響が強いかのか?込み潮で海水の影響があるのか? そういった状況を調べる上で、塩分濃度による浮き沈みを利用してチェックできるというメリットがあります。日中なら水色を見れば大体判断も付きますが、浮くようなら海水、沈むようなら真水…と、その日の干潟状況を調べられる副産物的な要素もiBORN 78F shallowにはあります。

iBORN 78F/クラシカルRH

おすすめルアー3:iBORN 118F shallow(2019年秋発売予定)

2019年の秋に発売を予定しているのがiBORN 118F shallowです。ほぼ98Fと同じといえますが、こちらも若干速巻きに対応しているのと、テスト段階では40cmまで沈ませることが可能で、5~10cmをレンジキープできるようになっています。また、98Fよりもテスト時では飛距離があります。

118Fの最大のメリットは、オープンフラットが広がる干潟において、大きい着水音&アピール力の高さで広く寄せる力があるという点です。引き抵抗も98Fよりありますので、引き感がわからず扱いづらいと感じるビギナーの方にこそ使っていただきたいミノーです。

10月以降も干潟のベストシーズンは続きますが、北風が強くなり始めて水面がガチャガチャしてきたら118Fの着水&高アピールがより効果的になってきます。

[プロトルアー]iBORN 118F shallow(2019年秋発売予定)

まとめ

今回は干潟というお題だったので、干潟専用を突き詰めたiBORNシリーズ3サイズの出番となりました。もし、もう1~2個ローテーションに入れるとすれば、iBORN 98F、78Fから118Fへ変える間に、sasukeとkosukeを入れていくのもアリだと思います。このiBORNは、ボクがプロとして結果を出さないと…という切実な要望から作り上げたルアーなので、シャローエリアの干潟では安打製造機的なルアーになりえると考えています。ボックスに1~2個忍ばせておいて、この秋ぜひ使ってみてくださいね!

TESTER

辺見 哲也 へんみ てつや

シーバス黎明期から活躍するプロアングラーで、ソルトゲームだけではなくトラウトなど他の釣りで得た経験をフィードバックし、全国各地のフィールドで魚を追い求める。その丁寧なキャラクターと卓越したテクニックは、多くのアングラーへ影響を与え続けている。

公式商品ページ

line

IMAGおすすめ記事
2018/9/18 この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選 港湾編
2018/9/13 この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選 干潟編
2018/9/11 この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選河川・ミノー編
2018/9/7 この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選 河川・シンペン編
2018/8/31 「真夏の水面炸裂作戦 第1ラウンド 小豆島編」 山田秀樹 オトコの後日談

週間ランキング累計

週間

  1. 2018/09/13この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選 干潟編

  2. 2018/09/11この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選河川・ミノー編

  3. 2018/09/07この秋おすすめ! imaシーバスルアー3選 河川・シンペン編

  4. 2018/08/30発売直前!Empathy 90大特集!

  5. 2018/07/20ima NEW PRODUCT 濱本国彦プロデュース!Empathy 90(エンパシー 90)スイム動画

累計

  1. 2018/02/132018 新製品特集 2:somari 90【開発秘話】

  2. 2018/02/082018 新製品特集 2:somari 90

  3. 2018/03/19メバル8耐チャレンジ ~ガチシーバスアングラー7人による「メバル釣果総計10m」への挑戦!~

  4. 2018/02/21ima NEW PRODUCT somari 90 (ソマリ 90) スイム動画

  5. 2018/01/05濱本国彦が説くドリフトの極意 ラインスラックを制す者はドリフトを制す 濱本国彦 in鹿児島県・肝属川