Empathy 90開発秘話

難しいけど実は簡単、優等生じゃないことが優等生、それがEmpathy 90。濱本国彦さんプロデュースのニューアイテム、Empathy 90がいよいよ発売される。これまでもこのルアーについては濱本さんによる紹介を行なってきたが、改めて開発者であるima開発部の篠塚氏から見たEmpathy 90を語ってもらった。

Empathy 90

  • 全長 90mm
  • 重量 17g
  • タイプ シンキング
  • レンジ 20〜60cm
  • アクション 可変アクション
  • フック #5
  • リング #3

開発のきっかけ

濱本さんが求めたのは“S字に不規則にダートが入る動き”

まずは、Empathy 90の開発のきっかけを教えていただけますか?

篠塚:濱本さんは以前からあるルアーを改造して使っており、それをimaで商品化できないかというのが開発に至った経緯です。

  • 上の層を引きたいから沈下速度は遅め
  • サイズは90mmくらい
  • 巻くだけでイレギュラーなダートやS字アクション

これが濱本さんのニーズでした。

具体的にはどのようなアクションなのでしょうか?

篠塚:求めたアクションというのは規則的なS字ではなく、泳ぎながらダートしたり、不規則なものなんです。濱本さんが求めていたのは、流れを受けたタイミングや巻いたスピードの変化によって、予期せぬ時にダートアクションが入り、また戻ってスイムし、また何かの拍子で泳ぎが崩れる。規則性のないイレギュラーS字。

改造して使っていたルアーでも、デイゲームでイレギュラーにダートが入った瞬間にバイトが出る。トゥイッチを入れるような動きを巻くだけで再現できるルアーだったわけです。

ただ巻き中にアングラーの操作無しでダートアクションが入るのですか?

篠塚:巻いている中で、時折イレギュラーに横方向にピュッとダートの動きが入る。それで戻り、また巻いているとダートする。
ロッドティップでダートを入れるような動きが、巻いているだけで入るんです。それは、速巻きしたり、水流を受けすぎたときになるんですね。

スイム動画はこちら

【ima NEW PRODUCT 濱本国彦プロデュース!Empathy 90(エンパシー 90)スイム動画】

開発において苦労した点

アクションが破綻するギリギリのせめぎ合いで設計

開発にあたって苦労した点は?

篠塚:苦労した点がありすぎてどれから話したらいいか…(笑)
まず、勘違いしやすいところなんですが、ルアーはボディの形状、ウェイトの位置、ラインアイの位置、リップの形状でほぼ決まります。ルアーというのはリップではなくボディで泳がせているんです。したがって、ボディの形状でアクションの強弱、動くか動かないかというのが決まるんです。

ではリップは何を決めているのかというと、ラインアイとの位置関係によって、アクションの質や引抵抗、レンジの要素ですね。なので、これらを総合的にバランスを取ることでルアーは出来ているんです。

そして、Empathy 90。イレギュラーにダートするということは、そのアクションが破綻するかしないか、ギリギリのせめぎ合いのボディ設計をしなくてはならない。一歩間違えれば飛び出してしまうし、逆にイレギュラーの狙った動きが出ない。そのギリギリのアクションを出すのに苦労しました。

Empathy 90のアクション

意図しない動きを意図して作ったのがEmpathy 90

形状的にはリップレスミノーのEmpathy 90。フロントのカップがありながらもS字アクションが出るのですね。

篠塚:カップの大きさとカップの位置関係によって、水をあまり受けていないとき・低速で巻いているときは、シンペンのようなスラロームアクションやローリングアクションになります。
で、そこからスピードを上げる・流れが強いところに入ると、横にスライドし始めてS字アクションになるんです。それは規則性のあるS字だったり、不規則なS字だったりと、微妙な水流の変化でいろいろと変わっていくんです。
そして、カップで水を受けすぎたときに泳ぎが最大に崩れてダートのアクションが入ります。

それは、アングラーが巻きスピードなどを調節してアクションを与えていくのですか?

篠塚:いや、これはアングラー側ではコントロールできないところです。そもそも、Empathy 90はアングラーがコントロールできないルアーですけどね。
規則的な動きはアングラーのコントロール下にあればできるわけじゃないですか。でも、Empathy 90は、わずかな流れの変化、その流れが横から来ているのか後ろから来ているのかでアクションがどんどん変わっていく。なので、毎回同じアクションを再現しようと思ってもできないんです。
でも、その“意図しない動きを意図して作った”のがこのルアーなんです。

各パーツの役割

ラインアイ

篠塚:ラインアイの位置は支点。カップが水圧をどの程度受けるのかを決めるのがラインアイです。
これより上だと水を受けすぎるし、これより下だと水を受け流しすぎる。なので、この位置が最適な位置です。

キール

篠塚:今回はリップはありませんが、このキールの位置や形もかなりこだわって設計しました。
意図しているのはS字アクションやダートアクションを出しやすくため。ここで泳ぎの質を調整しています。
これがないとS字アクションは出にくくなります。ロールを打ち消す意味が強いですね。ロールを少なくして、横方向のスライドアクションにさせるイメージです。

ウェイト

篠塚:S字の動きを出すにはウェイトは前方に置く必要があります。Empathy 90のウェイトボールは前方に2つと中央に3つ。でもそれだけだと飛距離が出ない。なので、中央の3つは移動重心にしてあります。
ウェイトもいろいろ試して、サイズ・重さ、位置などを、何パターン試したかわからないくらい試しましたね。同じ3gのウェイトでも、ボール1個で3gにするのか、ボール3つで3gにするのかでは、動きはまったく異なりますからね。最適なウェイト設計を導き出すのに苦労しました。

名前の由来

自然のベイトフィッシュは不規則な動きばかりをしている、それを再現したのがこのルアー

Empathy 90の名前の由来は?

篠塚:“Empathy”というのは【共感】という意味の言葉です。
そして、ルアーのコンセプトとしては、濱本さんがいう通り、“優等生じゃないことが優等生”です。優等生のルアーは規則的に動いて、アングラーの指示を優秀に聞いてくれる。
でもEmpathy 90は不規則で予期できない動きをする。優等生じゃないけども、それが自然界のベイトフィッシュの動きになっているんです。普通の魚って規則的な動きばかりしているわけじゃないですよね。急に右に行ったり、左に行ったりする。優等生じゃないことが優等生というのは、そういう意味です。
ロゴに関しては、濱本さんと相談しながら、ポップなイメージで、可愛らしい感じにデザインしました。

こちらがEmpathy 90のロゴ。

使い方

決して難しくない、ただ巻くだけでオートマチックに魚を連れてきてくれる

キャストごとに、わずかな水流の変化でアクションが可変していくEmpathy 90。アクションが不規則に変化するとなると、使うのが少し難しく感じるのですが・・・。

篠塚:確かにそう思われますよね。作った自分でも説明が難しいルアーです(笑)
imaテスター陣からも、巻くたびにアクションが変わって驚くという感想を聞きます。
でも、このルアーはただ巻くだけでOKです。トゥイッチなどを入れなくても、ただ巻くだけで、水流の変化、巻きスピードの変化で勝手にいろいろなアクションをして魚にアピールしてくれます。
難しく考える必要はないですよ。普通に巻くだけで釣れますので。

 
ヒットルアー:Empathy 90/ボラマッティー

具体的にはどんなシチュエーションで使ったらいいのでしょう?

篠塚:シャローに魚がいるような状況ではどこでも使うことが可能です。
ナイトゲームではゆっくり巻けばリップレスミノーのように使えるし、デイゲームでは速く巻いてイレギュラーダートで食わせることができる。
フォールがスローなのでフォールバイトも取りやすいし、浅場を引けるので牡蠣瀬などの攻略にも使えます。

関連動画はこちら

【濱本国彦 密着!エンパシーテストvol.2 〜旧江戸川編〜】

シャローのデイゲームはバイブレーションやスピンテールを投げがちですが、そこでEmpathy 90を入れるのも効果的です!
また、夜にイナッコにシーバスがボイルしているような状況。他のルアーに反応しなくても、Empathy 90を速巻きすると食ってくる、というのはよくありますよ。とにかく、昼夜問わずいろいろなシチュエーションで使って欲しいなと思います!

インタビュー後記

Empathy 90の話を聞いていて感じたのは、このルアーはとても自由であるということ。それは濱本さんにこのルアーの話を伺ったときにも感じた。
自然界の中で起こる不規則な流れを受けて、その都度、自由にアクションを変えて泳ぐ。その姿はベイトフィッシュの姿そのもの。不自然であることが自然なのだ。
“優等生じゃないことが優等生”という意味を、ぜひフィールドに行ってこのルアーを投げて確かめてみて欲しい。

 

公式商品ページ

Empathy 90

line

IMAGおすすめ記事
2019/1/22 バチパターン到来!imaのおすすめバチパターン用ルアー特集!
2018/12/27 2018 MVL AWARD 〜テスター、プロスタッフが選んだ今年もっとも活躍したimaルアー、MVL 2018が決定!〜
2018/12/25 MVL 2018 PRO STAFF〜imaプロスタッフが選ぶ!今年もっとも活躍した、imaルアー!〜
2018/12/21 MVL 2018 TESTERS CHOICE vol.2 〜テスターに聞く!今年もっとも活躍したルアー!第2弾。〜
2018/12/20 MVL 2018 TESTERS CHOICE vol.1 〜テスターに聞く!今年もっとも活躍したルアー!第1弾。〜

週間ランキング累計

週間

  1. 2019/09/14iBORN 118F shallow 開発STORY。

  2. 2019/09/21iBORN 118F shallow インプレッション。

  3. 2019/09/06【ima HEADLINER vol.10】imaの最新アパレル&ギア紹介!

  4. 2019/09/05【ima HEADLINER vol.10】大人気「サラシ中毒」が今年も登場!

  5. 2019/09/05【ima HEADLINER vol.10】プロスタッフカラーがど定番アイテムに追加。

累計

  1. 2018/02/132018 新製品特集 2:somari 90【開発秘話】

  2. 2018/02/082018 新製品特集 2:somari 90

  3. 2018/03/19メバル8耐チャレンジ ~ガチシーバスアングラー7人による「メバル釣果総計10m」への挑戦!~

  4. 2018/01/05濱本国彦が説くドリフトの極意 ラインスラックを制す者はドリフトを制す 濱本国彦 in鹿児島県・肝属川

  5. 2018/02/21ima NEW PRODUCT somari 90 (ソマリ 90) スイム動画