大型ベイトパターン直撃! 加藤宏崇のkosuke 170Fインプレッション

秋田県の雄物川をメインフィールドに、現場主義目線で釣りを展開する加藤宏崇さんがkosuke 170Fをインプレッション。落ちアユやハタハタなどがベイトとなる季節はとくに、kosuke 170Fのボリュームが効いてくるという。

 

【1】kosukeシリーズの強み

水掴みのよさが水中のインフォメーションを伝えてくれる

IMAG編集部(以下編集部):加藤さんの思う、kosukeシリーズの強みはどんなところでしょう?

加藤:kosukeシリーズの特徴は、リップが楕円形になっていて水掴みがよく、巻いたときに得られる情報量が多いところです。ここは潮が弱いなぁとか、水流の変化を捉えることができるんですよね。スイムレンジは20〜80cmくらいを泳ぐシャローランナー、タイプはフローティング。レンジ的にも、アクション的にも、ほかのimaルアーとはかぶるところがないので、とても重宝しています。

 

【2】アクションはロール主体のナチュラル系

ウォブリングのミノーと、ロールのシンペンの中間的なアピール

編集部:kosuke 170Fのアクション的にはどういう印象でしょうか?

加藤:リップでしっかり水を掴んでアクションしつつ、動きはロール主体で、アピールがナチュラル。ウォブリングのミノーと、ロールのシンペンの中間的なアピール力のルアーですね。弱く巻けば、アピールを強めないことでスイッチの入りにくい魚に見せていける。速めに巻けば、多少ウォブリングも入りますよ。弱い動きと強い動きの両方で見せていけるルアーだと思います。

ima NEW PRODUCT kosuke 170F スイム動画

 

【3】kosuke 170Fは落ちアユ、ハタハタパターンに最適

秋の荒食いシーズンには欠かせないモデル

編集部:kosuke 170Fは、加藤さんの釣りではどのような活躍をしていますか?

加藤:新潟でのハタハタパターン、そして秋の落ちアユパターンではいい仕事をしてくれました。やはり大きめのベイトを捕食している状況、秋の荒食いではとても有効ですね。

これまで、シーバス用としてここまで大きなルアーはimaにはありませんでしたから、今期の秋冬にかけて、落ちアユ、そしてハタハタへとベイトが移行していくなかで、このルアーは重要になってきます。

 

【4】kosuke 170Fの基本的アクション

落ちアユはドリフト、ハタハタはスローリトリーブで

編集部:加藤さんが得意とする秋の落ちアユパターンとハタハタパターン。このふたつのパターンはルアーアクションも異なってくるのでしょうか?

加藤:はい。落ちアユパターンではアップクロスで流しながらの、シルエットで食わせる釣りですね。キャストして着水したら、ウェイトボールを前に戻す意味で少しアクション入れてあげてから、あとはラインスラックを回収する感じで流し込んでいく。流しながら狙ったピンに送り込ませると、ドンッとバイトが出ますよ。

ハタハタパターンでは、オーソドックスなただ巻き。ミディアムスローからミディアムくらいのリトリーブ速度が中心ですね。

 

【5】ルアーアクションに変化を加えるワンポイント

フックを大きくすることでさらにアクションを抑える

編集部:kosuke 170Fに少し手を加えて使うこともあるとか。

加藤:チューニングというほどではないですが、kosuke 170Fは3番のフックがついているのですが、自分は2番に替えて使うこともあります。フックを大きくすることで、フックの重みがプラスされて、さらにアクションが抑えられるんです。

自分が使うパターンでは、kosuke 170Fはゆっくり巻いたり、漂わす釣りが多いので動きをおとなしくさせる意味合いですね。流れが速い状況や、少し速く巻きたい場合でも動きが暴れにくくなるのでいいですよ。それに、ランカーが掛かっても安心という面もあります。

 

【6】まとめ

東北エリアの名物パターンであるハタハタパターンをフューチャー

加藤:ハタハタパターンの爆発力はすごくて、ハマる日は同行者と二人でグッドサイズばかり50尾キャッチという日もあります。そんなハタハタパターンにkosuke 170Fはぴったりなんで、シーズンが本格化する頃にまた詳しく解説いたしますね!

 

TESTER

加藤 宏崇 かとう ひろたか

秋田県雄物川をホームフィールドとし、リバーシーバスをメインにサーフや磯マルにおいてもその腕は超一流。シーバスは年間釣行250日を越す現場主義者で、そのフィールド把握能力には定評がある。

 

公式商品ページ

line

IMAGおすすめ記事
2018/12/18 imaテスター加藤氏に聞く! imaルアー メバルプラッギングまとめ
2018/12/14 ima 20周年を終えて〜帰ってきたkomomo
2018/12/6 imaメバルモニターキャンペーン
2018/11/8 Do You Know? vol.14 〜 大久保亨一×Santis 33 〜
2018/11/7 リニューアル1周年記念 新企画「IMAG Q」

週間ランキング累計