ima 2015年一発目の新商品!

こんばんは
潮回りの良い三連休の中日。
皆さん良い釣りで出来ていますか?

さて、皆さんimaのシンキングペンシルと言えば何をイメージされますか?


・バチ抜けやサヨリパターンに強いカーム。
・独自の形状で大きなアクションのトリップ。
・体高・重量があって流れの早い河川や磯マルで強いハニートラップ。
・干潟や河川で、釣れる流れを感知しやすいリップ付きシンペンのピース。
・レッド中村監修、巻かずに食わせる磯ヒラに強いバルバロッサ。

現時点でもこれだけのラインナップのシンペンがありますが、いずれも特定のシチュエーションに特化したルアー達。
どんな場所・状況でも使える汎用性の高いシンペンが欲しいな…という声が出るように。

そんな訳で作ったのがコイツ。



その名もima nyokkey85(アイマニョッキー)
いかにもimaらしいネーミングです(笑)

気になるスペックというと…

全長は85mm、重量は11g。
レンジは流れの有無やロッド角度、リトリーブスピードなどによって変わりますが、だいたい15cm〜50cm。
フックはST-46の#8、リングはオリジナルの#3となります。

で、一体どんなルアーなのよ?
ここまでご覧いただいた皆さんはお思いだと思うので解説させていただきます。

サイズやアクション、使うフィールドなどを考えると、同じimaのシンペンで重複するのはカームとトリップだと思いますが、やや太めのシルエットで、テールの振りが大きくアピール強めなのがトリップ。一方、細身のシルエットで控えめなアクションのカーム。

アイマニョッキーは、サイズ感はご覧の通り両者の中間といった感じで、アクションについても、トリップよりも控えめなアクションで、カームよりは強めのアクション。

ベイトパターンやフィールドに関わらず、シーバスがいるのに口を使わない。プレッシャーが高い状況下でルアーを見切られてしまう。そんな状況で使って欲しい“食わせのシンキングペンシル”です。




発売は2015年1月10日
内房界隈ではバチ抜け開幕一歩手前のタイミング。
バチ抜けはもちろん、ベイトパターンにもベストなルアーですので、是非ご期待下さい


【最新動画】
imaチャンネル&ソルティー2015年1月号連動企画
濱本国彦 秋のリバーシーバス攻略 前編

https://www.youtube.com/watch?v=omWef_UFbos&list=UUj0QMLD_3wYjR5ElwZQxANA

【イベント情報】
2014年12月5日・6日
ima fan meeting! in 千葉(エルシオン木更津)

https://www.ima-ams.co.jp/special/fanmeeting2014/
参加申し込みはこちら(申込期限11月28日まで)

2014年12月13日(土) 13:00〜15:00
レッド中村・ジェネラル大澤 シーバストークライブin上州屋上越店

http://www.johshuya.co.jp/shop/shop.php?s=147&no=235022#tab

☆アムズデザインホームページ☆
https://www.ima-ams.co.jp

☆ima Facebookページ☆
https://www.facebook.com/amsdesign.ima

☆ima Twitter公式アカウント☆
https://twitter.com/ima_ams

☆毎週月曜更新imaチャンネル☆
https://www.youtube.com/channel/UCFg85I4CNp2mgk-u2OV3bNg/feed

☆LUSH LIFE by ima☆
http://ams-lushlife.jp/

こんばんは
潮回りの良い三連休の中日。
皆さん良い釣りで出来ていますか?

さて、皆さんimaのシンキングペンシルと言えば何をイメージされますか?


・バチ抜けやサヨリパターンに強いカーム。
・独自の形状で大きなアクションのトリップ。
・体高・重量があって流れの早い河川や磯マルで強いハニートラップ。
・干潟や河川で、釣れる流れを感知しやすいリップ付きシンペンのピース。
・レッド中村監修、巻かずに食わせる磯ヒラに強いバルバロッサ。

現時点でもこれだけのラインナップのシンペンがありますが、いずれも特定のシチュエーションに特化したルアー達。
どんな場所・状況でも使える汎用性の高いシンペンが欲しいな…という声が出るように。

そんな訳で作ったのがコイツ。



その名もima nyokkey85(アイマニョッキー)
いかにもimaらしいネーミングです(笑)

気になるスペックというと…

全長は85mm、重量は11g。
レンジは流れの有無やロッド角度、リトリーブスピードなどによって変わりますが、だいたい15cm〜50cm。
フックはST-46の#8、リングはオリジナルの#3となります。

で、一体どんなルアーなのよ?
ここまでご覧いただいた皆さんはお思いだと思うので解説させていただきます。

サイズやアクション、使うフィールドなどを考えると、同じimaのシンペンで重複するのはカームとトリップだと思いますが、やや太めのシルエットで、テールの振りが大きくアピール強めなのがトリップ。一方、細身のシルエットで控えめなアクションのカーム。

アイマニョッキーは、サイズ感はご覧の通り両者の中間といった感じで、アクションについても、トリップよりも控えめなアクションで、カームよりは強めのアクション。

ベイトパターンやフィールドに関わらず、シーバスがいるのに口を使わない。プレッシャーが高い状況下でルアーを見切られてしまう。そんな状況で使って欲しい“食わせのシンキングペンシル”です。




発売は2015年1月10日
内房界隈ではバチ抜け開幕一歩手前のタイミング。
バチ抜けはもちろん、ベイトパターンにもベストなルアーですので、是非ご期待下さい


【最新動画】
imaチャンネル&ソルティー2015年1月号連動企画
濱本国彦 秋のリバーシーバス攻略 前編

https://www.youtube.com/watch?v=omWef_UFbos&list=UUj0QMLD_3wYjR5ElwZQxANA

【イベント情報】
2014年12月5日・6日
ima fan meeting! in 千葉(エルシオン木更津)

https://www.ima-ams.co.jp/special/fanmeeting2014/
参加申し込みはこちら(申込期限11月28日まで)

2014年12月13日(土) 13:00〜15:00
レッド中村・ジェネラル大澤 シーバストークライブin上州屋上越店

http://www.johshuya.co.jp/shop/shop.php?s=147&no=235022#tab

☆アムズデザインホームページ☆
https://www.ima-ams.co.jp

☆ima Facebookページ☆
https://www.facebook.com/amsdesign.ima

☆ima Twitter公式アカウント☆
https://twitter.com/ima_ams

☆毎週月曜更新imaチャンネル☆
https://www.youtube.com/channel/UCFg85I4CNp2mgk-u2OV3bNg/feed

☆LUSH LIFE by ima☆
http://ams-lushlife.jp/

line

IMAGおすすめ記事
2017/12/13 冬ヒラメ攻略「時合い」のキモ!
2017/11/30 Do You Know? 〜komomo SF-145 & komomo SF-145 counter - 川本 斗既 編
2017/11/28 バイブレーションバイブルVol.2〜ボートシーバス編〜
2017/11/23 秋シーズン終盤!ランカー狙いのシーバスゲーム (千葉編)富津岬ウェーディングシーバスのハウツー×川上 靖雄
2017/11/22 秋シーズン終盤!ランカー狙いのシーバスゲーム (熊本編) 天草の海峡ゲームのハウツー×山田秀樹

週間ランキング累計

週間

  1. 2017/12/13冬ヒラメ攻略「時合い」のキモ!

  2. 2017/12/05【ima NEWS 1月号】NEWCOLOR!セレクティブなシーバスには一口サイズのコモモで攻略!

  3. 2017/11/30Do You Know? 〜komomo SF-145 & komomo SF-145 counter - 川本 斗既 編

  4. 2017/11/28バイブレーションバイブルVol.2〜ボートシーバス編〜

  5. 2017/11/23秋シーズン終盤!ランカー狙いのシーバスゲーム (千葉編)富津岬ウェーディングシーバスのハウツー×川上 靖雄

累計

  1. 2017/11/16辺見哲也が魅せる秋のザ・ミノーイングin富津エリア 〜快適に狙ったレンジを引くのが釣果への近道〜

  2. 2017/11/01Do You Know? 〜HONEY TRAP - 川上 靖雄 編

  3. 2017/11/01秋の3大ベイトパターン[濱本国彦 × サヨリ編]ボイルを見極めてルアーをアプローチすればサヨリパターンは確実に攻略できる!

  4. 2017/11/21秋シーズン終盤!ランカー狙いのシーバスゲーム(秋田編)加藤宏崇×秋田県の晩秋磯マルゲーム

  5. 2017/11/30Do You Know? 〜komomo SF-145 & komomo SF-145 counter - 川本 斗既 編