バイブレーションバイブル vol.7 〜春のヒラスズキゲーム編〜

磯場にエントリーしサラシを狙うヒラスズキゲームではトップウォーター、リップレスミノー、シンペンなどが主流だが、バイブレーションプラグもまた必要不可欠だという山田さん。その有効性と使いかたを紹介していただいた。

バイブレーションの出しどころ

ミノーに反応しない魚がバイブレーションなら獲れる

では、まずヒラスズキゲームでバイブレーションを用意しておかなければならない理由から。

山田:ヒラスズキゲームではやはりリップレスミノーがメインになりますが、バイブレーションはここぞという時に持っておかないといけないアイテムのひとつであることは間違いないです。
ただ、サブサーフェスやミノーなど、上のレンジのルアーでは反応しない魚もいます。そういった魚を食わせるのに欠かせないのがバイブレーションですね。

ヒットルアー:koume 90/リアクションチャート

つまり深いレンジに魚がいる場合はバイブレーションが強い?

山田:魚のレンジ自体が深い場合もあるし、コンパクトなシルエットにしか反応しない場合もあります。また、バイブレーションの波動じゃないと反応しない個体もいたりしますね。足元からドン深の磯の場所だと、ミノーじゃ攻めきれないので、これもバイブレーションの出しどころになります。
もともとは、先行者の多いシチュエーションで、どうにか魚を絞り出すために使われていたのがバイブレーション。ミノーで釣られた後は、やはりミノーじゃ反応させにくいですからね。

koumeシリーズの良さ

上:koume 90/コットンキャンディー 下:koume 90 heavy/ナチュラルキャンディー ヘビーモデルはアイがブルーになっている。

山田さんがヒラスズキゲームで使うバイブレーションは、主にkoume 90とkoume 90 heavyのふたつ。

山田:一般的なバイブレーションだとバタバタ動き過ぎて、特に潮が速い場所だとルアーが動き過ぎたり、流れに負けてルアーの泳ぎが破綻してしまうんです。河川で使う分には良くても、磯だとどうしても使いにくいことがあったんですが、koumeはそれがないんです。
koumeシリーズはボディがスリムで、泳ぎもバタバタし過ぎずタイト。レンジもアクションも、ヒラスズキゲームにマッチしたモデルになっていますね。

koume 90 & koume 90 heavyの使い分け

koume 90は波動が合わない時に

koume 90とkoume 90 heavyには明確な使い分けがある。まずはkoume 90の使い方から。

山田:120〜140mmサイズのリップレスミノーやシンペンをメインに使用していて、あとそれで食わない時はkoume 90にローテーションします。
アクションは、着水したら1〜2秒沈ませてからのストレートリトリーブ。ミノーのレンジのちょっと下の、中層を探るように引いてきます。ルアーは速く巻くのではなく、シンペンを巻くように、ユタ〜っとスローに巻いてくるのがコツですよ。ミノーよりも速めではありますが、ブルブルと手元にバイブレーションが伝わるくらいのスピード感ですね。ミノーではでない、ルアーがバタバタ動く波動、ややうるさい波動を出すことで、食う魚も出てくるんです。

koume 90 heavyは深いレンジからの巻き上げ

山田:使うのは、水深がある場所、足元から深い場所です。ボトムにはシモリがあってそれに波が当たってサラシが出ているようなシチュエーションですね。水深は5〜6m、シモリのトップは2〜3mあるような場所で、そこのまわりでうろうろしているシーバスがターゲットです。

その根の向こう側までキャストして、ボトムまで沈めてから巻いてきます。根にはコンタクトさせないようなイメージで巻いてくるようにしましょう。ボトムまで沈めて、斜めの軌道で巻いてくるとシモリに潜んでいたシーバスが食ってくる感じですね。こちらも巻きスピードはゆっくりめで、手元にルアーの波動を感じるくらいの速さです。

フックシステム

koume 90 heavyはシングルフックにチューン

koume 90 heavyをヒラスズキで狙う場合はフックにもこだわりがある。

山田:ボトムから巻き上げる釣りにはフックをシングルに変えたものを使用しています。着底させるシチュエーションでは根掛かりが気になりますから。
また、深いレンジから上げてくるのでバラシのリスクも高い。それを改善するために、シングルフックに変更しているんです。これは、マダイ用のルアーのアシストフックを代用していますよ。

アイがクリアの上2つはkoume 90(リアクションチャート・コットンキャンディー)、アイがブルーの下2つはkoume 90 heavy(レッドヘッド・マコイワシ)。山田氏はkoume 90 heavyのみシングルフックチューニングして使用している。

釣れたシチュエーション

ヒットルアー:koume 90/リアクションチャート

先行者がいてもサクッと良型を2尾キャッチ

先日の釣行でも。山田さんはkoume 90を使用し76cmと60cmクラスをキャッチ。先行者が撃った後でもkoume 90がしっかりと釣果を出してくれた。

山田:エリアは天草の地磯で、春らしい南からのウネリが入っていました。シャローエリアに深いスリットが入っている場所です。他のアングラーがひとしきり流した後の、最干潮前後にエントリーしたんですが、koume 90でサクッと釣れてくれました。76cmと60cmクラスをキャッチ。
足元から伸びているスリットの先を狙ってキャストしたら釣れてくれましたね。ミノーでは食いそびれるような魚も、バイブレーションだとがっつり食ってくることが多い。シルエットが小さいのと、シンキングなのでルアーを吸い込みやすいのかもしれませんね。

バイブレーションを使う際の注意点

1尾釣れたらリーダーは必ずチェックすること

山田:バイブレーションは比重が重くて、巻くのを止めるとすぐに沈んでしまう。ミノーやシンペンと違い、ルアーを漂わせることがしにくいルアーなので、リーダーが根にコンタクトしやすい。
また、ヒットしてからリーダーが擦れるのが早いルアーです。根ズレの多い釣りではあるので、1尾キャッチしたら必ずリーダーに傷が入っていないかチェックするようにしましょう。

このようにリーダーが擦れてしまっていたら、即カットして結び直しましょう!

まとめ

koumeシリーズは守備の名人

koumeは決してメインになることはないかもしれないが、ヒラスズキゲームにおいてその有効性は紛れもなく存在する。メインパターンをフォローする名脇役として、ぜひkoumeシリーズもボックスに忍ばせておこう。

ヒットルアー:koume 90/コットンキャンディー

山田:koumeシリーズは4番バッターではない。7番8番バッターだけどいないと困るルアーです。守備の名人みたいなルアーですね。春だけでなく、シーズンを通して活躍しますよ!

TESTER

山田 秀樹 やまだ ひでき

九州ではビッグヘッドの愛称で知られ、熊本県の磯のヒラスズキゲームや河川のシーバス、黒鯛ゲームを得意とする。釣具店勤務で常に現場のフレッシュな情報を提供している。シーバスではデイゲーム釣りが好きだという。

公式商品ページ

line

IMAGおすすめ記事
2018/5/24 技匠のデイゲームvol.2〜港湾編〜デイゲームでの釣りをテクニックにこだわって紹介する今企画。第二回目は港湾部を大野さんが解説…匠の技が今回も冴え渡る!
2018/5/22 技匠のデイゲームvol.1〜河川編〜春〜初夏におすすめのデイゲームテクニックを、シチュエーション別に技巧派アングラーが解説!
2018/5/17 Do You Know? vol.8 〜molmo 80 - 大野ゆうき 編〜
2018/5/11 somari 90のマニュアル「somaNUAL」川上靖雄×千葉・利根川編
2018/5/10 【メバル8耐チャレンジ】 香川ラウンド・濱本国彦 ルアー&テクニック編

週間ランキング累計

週間

  1. 2018/05/22技匠のデイゲームvol.1〜河川編〜春〜初夏におすすめのデイゲームテクニックを、シチュエーション別に技巧派アングラーが解説!

  2. 2018/05/17Do You Know? vol.8 〜molmo 80 - 大野ゆうき 編〜

  3. 2018/05/11somari 90のマニュアル「somaNUAL」川上靖雄×千葉・利根川編

  4. 2018/03/19メバル8耐チャレンジ ~ガチシーバスアングラー7人による「メバル釣果総計10m」への挑戦!~

  5. 2018/05/24技匠のデイゲームvol.2〜港湾編〜デイゲームでの釣りをテクニックにこだわって紹介する今企画。第二回目は港湾部を大野さんが解説…匠の技が今回も冴え渡る!

累計

  1. 2018/02/132018 新製品特集 2:somari 90【開発秘話】

  2. 2018/03/19メバル8耐チャレンジ ~ガチシーバスアングラー7人による「メバル釣果総計10m」への挑戦!~

  3. 2018/02/082018 新製品特集 2:somari 90

  4. 2018/01/05濱本国彦が説くドリフトの極意 ラインスラックを制す者はドリフトを制す 濱本国彦 in鹿児島県・肝属川

  5. 2017/12/22ima lure 2017MVLアワード imaが誇るプロスタッフ4名が選ぶ、2017年もっとも活躍したルアーはこれだ!