明暗特集。

シーバスゲームのハイシーズンといえる秋に欠かせないのが「明暗部」攻略。今回はそんな明暗部の攻略について、imaプロスタッフの大野ゆうきさんに解説していただきます。合わせてimaの明暗部攻略におすすめのアイテムもご紹介!

PRO STAFF

大野 ゆうき おおの ゆうき

東京湾奥を拠点に活躍するカリスマシーバスアングラー。常に魚を見失わない現場主義の理論を持ち、卓越したキャスティングテクニックを駆使して次々とシーバスを仕留めていく。

 

 

 

そもそもなぜ秋が「ハイシーズン」なの?

秋は、シーバスにとって産卵前の時期で、産卵に備え餌をたくさん食べます。冬に産卵時期を迎えるので、その前段階で荒喰いをするんです。東京湾の河川においては、上流部から降りてくるシーバスもいれば、河口域から入ってくるシーバスもいるので、ベイトも多くシーバスも多いためハイシーズンになるのです。

 

 

LIGHT AND SHADE Q-A
ここからQ&A形式で今さら聞けない明暗部の釣りについて解説!

 

Qなんで「明暗」って釣れるの?


A1 そこで魚が一旦止まるから。
imaプロスタッフ 大野ゆうきさん(以下大野):明暗部は釣れるポイントのひとつにすぎません。着き場が目に見えてわかりやすいというのが「明暗部」の良さ。
通りすがりのベイトフィッシュやシーバスが、そこで一旦止まるようなイメージです。止まるというのはずっとではなくて、ベイトもシーバスもどんどん通り過ぎていきます。一次的に、そこでブレーキがかかる状態。ベイトが通りかかって、シーバスもそこを通るからフィーディングのスポットとして成立する。それが長時間繰り返されるのが秋なんです。

 

 

Qどうやって攻略するの?


A流し込みながら巻く!
大野:ルアーを明暗部に流し込みながら巻いてきてください。橋の上流側に立って、明るい場所に投げ、リトリーブしながら暗い部分に入れていく。明暗部の境目ギリギリを通して食うときもあるし、暗いところで連発することもある。明るい側でバンバンボイルしてるときも多いので、明暗部の前後をしっかり探っていく必要があります!

A2+α 
大野:時間のあるときは、定期的に現場に足を運ぶことも攻略するポイントのひとつです。実際にエリアの動向を見ることによって、ベイトの多い流域をある程度把握することができます。なので自分の場合は、前日までにエリアの動向を見て、「今日はここに入ろうかな」というのを決めています。
また、橋にエントリーしてみて、ベイトもシーバスもあまりいないとなったら、ひとつ下流の橋をチェックしてみたり。でも、ハイシーズンは移動した先で人がいっぱいで入れないということも多いので、そういう意味でもいろいろなポイントを知っておくのが大切ですね。

 

 

 

Q3 どんなルアーがおすすめ?


A3 バリエーション豊富に!
大野:ミノー、シンキングペンシル、バイブレーションとローテーションが◎。

ima明暗部攻略おすすめルアー

〈 komomoシリーズ 〉

 

 

ワンポイント解説
大野:東京湾の川は比較的に流れが速くて、通常のkomomoだと流れが当たりすぎて動きが暴れすぎることもあります。なので、シンキングで少しアクションを落としたcounterモデルが使いやすいです。
流れが速い場合でも、アクションの幅が広く取れるルアーですね。水を受けたときの抵抗があって、流れに馴染ませやすいのが特徴。流れの強弱もつかみやすいですよ。自分は、シンペンに近い感覚で使っていて、シンペンよりも抵抗感があって操作しやすいという位置付けですね。

 

 

 

 

〈 YOICHIシリーズ 〉

 

 

ワンポイント解説
大野:とにかく飛距離が出るのがYOICHIシリーズ。komomoよりも遠くの流れの速い筋に入れたい場合などに使います。沖の速い流れにも馴染ませやすいのが特徴ですね。
YOICHI 80はコンパクトで動きのピッチも細かい。YOICHI 99 LIGHTは、YOICHI 80と比べるとアクションはワイド。その違いで喰う喰わないという場面もあります。この2アイテムの引けるレンジはあまり変わりません。ボイルしている場所が遠い、まず飛距離が出ないと話にならない、そんなときは、YOICHIシリーズの出番ですね。

 

大野:明暗部でのローテーションとしては、kosuke 85Fkosuke 110Fから入って、komomoシリーズのcounterモデル、YOICHIシリーズ、そしてkoumeシリーズ、SCHNEIDERシリーズと投げていくのがオススメです。他にも、いろいろなルアーを試しながら明暗部を攻略してみてください!

明暗部は橋周辺での釣行がメインです。
マナーをしっかり守って明暗部攻略に挑みましょう!

 

 

 

SPECIAL INFORMATION !!

2019年9月30日に明暗部攻略に「明暗カラー」が限定発売。
こちらもぜひチェックしてみてください!

ima ONLINE STOREでチェック ▶︎ CLICK

 

 

 

掲載アイテムをネットで購入!

 

line

IMAGおすすめ記事
2019/1/22 バチパターン到来!imaのおすすめバチパターン用ルアー特集!
2018/12/27 2018 MVL AWARD 〜テスター、プロスタッフが選んだ今年もっとも活躍したimaルアー、MVL 2018が決定!〜
2018/12/25 MVL 2018 PRO STAFF〜imaプロスタッフが選ぶ!今年もっとも活躍した、imaルアー!〜
2018/12/21 MVL 2018 TESTERS CHOICE vol.2 〜テスターに聞く!今年もっとも活躍したルアー!第2弾。〜
2018/12/20 MVL 2018 TESTERS CHOICE vol.1 〜テスターに聞く!今年もっとも活躍したルアー!第1弾。〜

週間ランキング累計

週間

  1. 2020/04/06新型コロナウイルスの感染拡大をうけて

  2. 2020/03/312020年3月31日発売[限定]デイゲームカラー

  3. 2020/04/062020年4月10日誕生[新製品]Jetty 135S

  4. 2020/03/102020年3月10日発売[限定]常夜灯カラー

  5. 2018/03/28バチ抜けを基礎から学ぶ 大野ゆうきのバチ抜け講座 基本編

累計

  1. 2018/02/132018 新製品特集 2:somari 90【開発秘話】

  2. 2018/03/28バチ抜けを基礎から学ぶ 大野ゆうきのバチ抜け講座 基本編

  3. 2018/02/082018 新製品特集 2:somari 90

  4. 2018/01/05濱本国彦が説くドリフトの極意 ラインスラックを制す者はドリフトを制す 濱本国彦 in鹿児島県・肝属川

  5. 2018/03/19メバル8耐チャレンジ ~ガチシーバスアングラー7人による「メバル釣果総計10m」への挑戦!~