Do You Know? vol.3 ~sasuke120裂波&sasuke140裂波 – 鈴木斉編~

imaルアーを毎月詳細に解説していく「Do You Know? ~どーゆーの?このルアー?~」。どういったルアーなのか、どう使うのか、サイズ&タイプ別の扱い方もマニュアル化。第3回目は、TOY(タックル・オブ・ザ・イヤー)ルアー部門で7連覇を達成したsasukeシリーズのsasuke 120 裂波&sasuke140 裂波を鈴木斉さんが解説!

TESTER

鈴木 斉 すずき ひとし

茨城県出身。ショアからのシーバス、ヒラスズキ、ヒラメなどターゲットとする魚種、フィールドは広範に渡る。また、オフショアの釣りにも詳しく、全国各地のパターンに精通。フルタイムプロアングラーとして活躍している職業釣り師。

FOCUS onsasuke 120 裂波&sasuke 140 裂波

ルアーマガジン・ソルト誌TOY(タックル・オブ・ザ・イヤー)ルアー部門連続7連覇を達成し、今年のシーバスルアー部門1位に輝いたsasukeシリーズ。その中でも特に人気のあるsasuke 120 裂波とsasuke 140 裂波をフューチャー。

sasuke 120 裂波

  • 全長 120mm
  • 重量 17g
  • タイプ フローティング
  • レンジ 70~90cm
  • アクション ウォブンロール
  • フック #6
  • リング #3
  • 誕生日 2004/9/21

sasuke 140 裂波

  • 全長 140mm
  • 重量 20g
  • タイプ フローティング
  • レンジ 60~100cm
  • アクション ウォブンロール
  • フック #3
  • リング #3
  • 誕生日 2008/6/21

[1]Do You Know?sasuke 120 裂波?

遠くが撃てる万能型ルアー

sasukeシリーズの中でもsasuke 120 裂波は、大型ルアーと同じくらい安定した遠投が効いて遠くが撃てる。そして、水を良く噛んで流れを掴みやすい事から、フィールドを選ばず使える万能型のルアー。結果としてマルスズキ、ヒラスズキはもちろん、その他魚種も狙えるので、汎用性が非常に高いといえます。長めに突き出たリップは約70~90cmほど潜り、他のシャロー系ルアーより若干下のレンジを引けるので、あと少しで食ってこない魚にも効果的です。

[2]どーゆーの?sasuke 120 裂波?~シチュエーション~

流れが複雑なサーフや磯、河口部でも活躍!

自分が良く使うシチュエーションは、サーフと磯になります。どちらも流れが複雑に絡む場所ですが、裂波は水の噛み方とヘッド形状、ボディバランスが優れているため安定した泳ぎでしっかりと引く事が可能なんです。そして、流れの中でもリトリーブすると心地良くリールから伝わってくる引き感なので巻きも安定。その強すぎない波動の動きが、サーフや磯のベイトフィッシュとして代表的なイワシパターンに効果的なアクションになるんです。また、風が強い時でも飛距離を出しやすく、サーフや磯で発生する波を越えて先を撃つことが可能です。また、河口部などで広く探りたい時にもサーチ能力に長けているので最初に使う事が多くなってきます。

[3]基本&応用的な使い方

基本はスローただ巻きだが、速度変化でリアクションを誘発!

裂波は飛距離がありますので、パイロット的にまず使っています。そして、ポイントを広く探っていってから、もっと潜るミノーへチェンジ…といったように全ての目安となるルアーといえます。使い方としては、水噛みが良いのでグリグリ…と速くリトリーブするのではなく、ゆっくりとただ巻きするのがおすすめです。例えばストラクチャー近くをゆっくり巻いていき、もし反応がなければ少し速めに巻いてリアクション効果を誘発するのも良いと思います。その巻きスピードもスローからファスト、逆にファストからスローといった具合に変化を付けていくのも良いと思います。もしくは、流れが強ければスロー、弱ければファストという感じで状況に合わせたリトリーブ速度で魚へアピールしていきます。基本的にはゆっくりただ巻きするだけで釣れるルアーですので、難しいテクニックなどは不要。どんな場面&ビギナーでも扱いやすくて釣れるチャンスがある、そんなルアーです。

[4]sasuke 140 裂波との使い分け&まとめ

sasuke 140 裂波は大きなアクションと波動でアピール!

sasuke 120 裂波はイワシなどのベイトを捕食している時にマッチしています。レンジも90cmまで潜るといってもシャロー気味に設定していますが、sasuke 140 裂波はもっと大きいベイトを捕食している場合や、少しだけ深いレンジを攻めたい時に使っています。アクション的にはsasuke 140 裂波の方がよりブルブル感が強くて波動アピールで誘ってくれます。そのため、魚の個体数が少なくて探している時や、回遊待ちで広くアピールさせたい時にアタリを出しやすいと思います。またフックサイズも大きいので、流れが速いポイントや磯の中で外したくない時にキープ力が高いので使用しています。この2つのルアーはどんな場面でも使えるという安心感がありますから、自分的には欠かせないアイテムになっています。特に磯マルシーズンになるこれからは大活躍間違いなしですよ!

 

公式商品ページ

line

IMAGおすすめ記事
2018/8/10 大久保亨一 宮城サーフ初挑戦!アウェイサーフの攻略法
2018/8/7 IMAG上半期ランキング
2018/7/31 【メバル8耐チャレンジ・総集編2/2】 〜プレイバック&メバルルアーへの継承
2018/7/26 【メバル8耐チャレンジ・総集編1/2】〜プレイバック&メバルルアーへの継承〜
2018/7/25 憧れのマグロに出会おう!夏のマグロゲーム攻略術Banett 190F ツナチューン × 木下真

週間ランキング累計

週間

  1. 2018/08/07IMAG上半期ランキング

  2. 2018/08/02【ima NEWS 9月号】APPAREL & ACCESSORY

  3. 2018/08/10大久保亨一 宮城サーフ初挑戦!アウェイサーフの攻略法

  4. 2018/08/02【ima NEWS 9月号】濱本国彦監修 第2弾! 多彩なアクションで魅せる “巻き”のルアー「Empathy 90(エンパシー 90)」

  5. 2018/08/02【ima NEWS 9月号】NEWCOLOR! komomo SF-110/125, sasuke 120/130剛力, YOICHI 99 light

累計

  1. 2018/02/132018 新製品特集 2:somari 90【開発秘話】

  2. 2018/02/082018 新製品特集 2:somari 90

  3. 2018/03/19メバル8耐チャレンジ ~ガチシーバスアングラー7人による「メバル釣果総計10m」への挑戦!~

  4. 2018/02/21ima NEW PRODUCT somari 90 (ソマリ 90) スイム動画

  5. 2018/01/05濱本国彦が説くドリフトの極意 ラインスラックを制す者はドリフトを制す 濱本国彦 in鹿児島県・肝属川