fimo

メーターオーバーの壁 by川本斗既

56
こんにちは!
島根県在住のimaテスター川本斗既です。

ここ最近通っている瀬戸内のコノシロ着きシーバス。

この時期、私が頻繁に通っているのは超大型が狙えるという事も理由の1つですが、一番大きな理由として感性?というか感覚?を養う為に通ってます。
 
なんのこっちゃ?って感じかもしれませが、自分の中ではテクニックも大事だけど、この感という部分も凄く大事だと考えてるんです。
 
感といってもあてずっぽうの感じゃないですよ(笑)
沢山フィールドに通い多くの魚を掛けて積み重ね、蓄積されたデータや経験といったものから導きだされる感でこの潮位でベイトが下ってくるはず!
このタイミングで出るんじゃないか?
といった感覚的な部分の答え合わせがこの地では直ぐにできる。
多くの魚が居て多くのアングラーが集まる場所にはとてつもない情報や知識、経験が詰まっていて、今の自分に何が足りないのか?何をどう修正すればいいのか?が勉強できるいい場と考えてひたすら通ってます。
そしてここ最近の釣行は?というと前回、前々回とランカーの数釣りは出来たものの狙うサイズには遠く及ばずでした。
 

 
今回は魚の出るタイミングや、ポジションはおよそ掴んでいるので、後は流すコースだったりレンジだったり、釣る順序だったりと前回、前々回の事を修正をしていく作業。
そんな中訪れる今だろ?っていう感覚。
大潮の速い流れが落ち着く先に出来たサンドバー
そこへ掛かる込み潮のクサビ、潮位や流速、ベイトのポジションといったものがヤツが居るであろうポジションへと繋がる。

そこへkomomo SF-145を送り込んでいき、クサビ上でターンするようにラインにテンションをかけダウンのポジションでステイさせて数秒。

“ボシュっ”という低い吸い込み音と共に割れる水面と共にけたたましく鳴るドラグ。

多分もう数クリック程ドラグを締めたらロッドが破損するギリギリの綱引き。
比較的オープンエリアである為瀬ズレといった心配はないがこの時期のランカークラスは流れに乗せると非常に厄介なので、向こうに主導権を与えないようロッドワークで魚をいなし、回頭しながら慎重に慎重に。
出されては巻き、出されては巻きを繰り返しながらもジワリジワリと魚との距離を詰めていく。
私の使っているこのshibumiというロッド、MLという表記の通り決して強い竿ではない。
例えるなら鋼というよりは鞭といった印象のロッド。
使い始めて20本近くランカーを掛けたがその殆どが水面を割って出ない。
それだけ上手く魚の力を吸収できてるって事だし、なにより場を荒らさない利点が大きいと改めて実感。
話は戻り、今までの80クラスと違い一向に寄る気配がないシーバス。
スレなのか?ただ太いだけか?それともデカイのか?色々な考えが錯綜する。
が、相手は魚 いくら時期的に強いとはいっても限りある体力。
粘れば必ず獲れる!!そう自分に言い聞かせて数分。
ついにヤツが水面にできたヘッドライトの光りの輪へと入って来た。
・・・・デカい!!
そして期待、興奮、不安の入り混じる中メジャーをあてる。



 

_| ̄|○
たかが2cmされど2cm。
近いようで果てしなく遠いメーターオーバーの壁。
今回本気でメーターオーバーを狙いに行っただけに、少々悔しさの残る釣行ではありましたが、このタイミングで自分にできる限界がこの結果だったのかなと。
この宿題はいつか必ず!!

タックルデータ
ルアー:komomo SF-145(ima)
ロッド:shibumi IS-96ML(ima)
リール:イグジスト3012(DAIWA)
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロ25lb

【イベント情報】
2014年12月5日・6日
ima fan meeting! in 千葉(エリシオン木更津)

https://www.ima-ams.co.jp/special/fanmeeting2014/
参加申し込みはこちら

2014年12月13日(土) 13:00〜15:00
レッド中村・ジェネラル大澤 シーバストークライブin上州屋上越店

http://www.johshuya.co.jp/shop/shop.php?s=147&no=235022#tab

☆アムズデザインホームページ☆
https://www.ima-ams.co.jp

☆ima Facebookページ☆
https://www.facebook.com/amsdesign.ima

☆ima Twitter公式アカウント☆
https://twitter.com/ima_ams

☆毎週月曜更新imaチャンネル☆
https://www.youtube.com/channel/UCFg85I4CNp2mgk-u2OV3bNg/feed

☆LUSH LIFE by ima☆
http://ams-lushlife.jp/