TESTERS

  • 荒木 潤一

    五島といえばこの男。永きに渡りヒラスズキに魅了され続け、磯へ通うエキスパート。五島という恵まれたフィールド、そしてその壮大な自然を誰よりも強く深く愛している。ヒラマサにも偏愛。妄想家。

    >荒木 潤一の記事一覧

  • 船沢 京介

    横浜市出身。トラウトとの良き出会いを求めて、新潟県南魚沼市に移住。魚野川をメインのフィールドにトラウトを追い求める。自らが営むペンション、アンティーズハウスには、船沢を慕う多くのトラウティスト達が集う。

    >船沢 京介の記事一覧

  • 濱本 国彦

    香川県在住。四国を代表するシーバスアングラー。熱く人情深いその人望から、彼の元には四国だけでなく全国各地から多くのアングラーが訪れる。現在は稼業でもある理容業の傍らプロアングラーとして活躍。磯釣りをバックボーンに持ち、そのテクニックをシーバスゲームに応用。“巻かずに流す”河川のドリフトゲームを得意とし、数多くのランカーシーバスを手中に収めてきた。

    >濱本 国彦の記事一覧

  • 辺見 哲也

    ソルトからトラウトまで幅広い釣りに精通するプロフェッショナルアングラー。その中でも盤洲干潟のウェーディングゲームには一日の長があり、シーバスゲーム黎明期からその流れを見届けてきた。それぞれの釣りに深い経験と知識を持ち合わせ、老獪なテクニックを駆使して日本全国様々なフィールド・魚種を攻略し続ける。

    >辺見 哲也の記事一覧

  • 石毛 卓

    千葉県外房のひとつテンヤ真鯛ゲームの名手。近年爆発的な人気のひとつテンヤをメインにジギングからエサ釣りまでオフショアの釣りは幅広く、オフショア以外にも幅広い釣りをこなすエキスパート。

    >石毛 卓の記事一覧

  • 岩田 昭治

    北海道で年間を通し、河川やショアから大型のトラウトを狙う。クロソイやアイナメといったターゲットにも造詣が深い。北海道の超大型根魚を次々とランディングするテクニックは圧巻。

    >岩田 昭治の記事一覧

  • 加藤 宏崇

    秋田運河や雄物川リバーシーバスをメインに、男鹿半島での磯マル、サーフゲームなど年間250日以上を釣行。また、メバリング、エギングもなども好きで、近年はオフショアゲーム、エリアフィッシングも楽しむ。

    >加藤 宏崇の記事一覧

  • 川上 靖雄

    地元房総半島全域をホームとし、磯のウェットスタイルのヒラスズキから、干潟・河川のウェーディング、はたまたアジングまで幅広くこなす。数年前からはショア青物ゲームにも開眼し、シーズン中の週末ともなれば、房総半島や伊豆半島の磯で青物を狙うことも。

    >川上 靖雄の記事一覧

  • 川本 斗既

    通年に渡り魚を引き出す力はimaテスター陣の中でも群を抜く。日々フィールドに通い続ける事の大切さを体現する現場型アングラー。島根県西部を流れる一級河川・江の川、高津川をホームとしてリバーゲームを展開。季節に応じてフラットフィッシュやライトゲームまで幅広い釣りを愉しむ。

    >川本 斗既の記事一覧

  • 木下 真

    オフショアキャスティングゲームを得意とし、マグロ、ヒラマサ、GTを追い求める行動派アングラー。体育会系に似合わない繊細なルアー操作が持ち味。クラブブルーハンター(青物組合)会長。

    >木下 真の記事一覧

  • 松尾 道洋

    地元広島県の河川を中心に中国地方各所で釣りを展開。得意な釣りはリバーシーバス。ランカーハンターの異名の通り、これまで数々のランカーシーバスを手に収めてきた。シーバスのみならずライトゲームも得意とするが、全ての釣りにおいてランカーを追い求めるスタイルで見る者を惹き付ける。

    >松尾 道洋の記事一覧

  • 村山 栄宏

    ライトゲームからシーバスまで幅広くこなすマルチアングラー。常磐~銚子エリアで、メバルやアジを独自のスタイルで狙う。シーバスにおいては利根川への造詣が深く、老舗シーバスチームの利根川ハイプレッシャーズ率いて、利根川シーバスシーン黎明期から利根川を開拓し続け現在に至る。

    >村山 栄宏の記事一覧

  • 西田 学

    「釣りに行ける時が時合い」。多忙な仕事と家庭を両立しながらも、毎回人を驚かすような釣果を見せるサンデーアングラー。地元である神奈川県の釣りはもとより、盤洲干潟のウェーディングゲームや、伊豆半島のロックショアゲームなど様々な釣りに精通している。熱狂的広島カープファンでもある。

    >西田 学の記事一覧

  • 大久保 亨一

    幼少の頃より様々な釣りに触れ、バストーナメントにも参戦していた経歴を持つ。現在はヒラメゲームを極めるべく、地元茨城を拠点に房総半島までをカバー。約20年に渡りショアからヒラメを追い求める。レコードサイズは2015年に釣った86cmの大座布団。

    >大久保 亨一の記事一覧

  • 大野 ゆうき

    東京湾奥をホームに年間1トンを越す水揚げを誇るソルト界屈指のアングラー。レンジ、アクション、スピードの3つの要素を軸にルアーローテを展開。マッチザベイトに頼らず、いかにして口を使わせるかといった釣果直結の理論を持つ。過密フィールド、ハイプレッシャー下でテクニカルなキャストと豊富な引き出しで圧倒的な釣果を叩き出す。

    >大野 ゆうきの記事一覧

  • 新保 明弘

    imaテスターきってのマルチアングラー。看護師として日々の激務をこなしつつ、地元沼津から伊豆半島をベースにシーバスからショアジギング、オフショアゲームまで幅広い釣りを愉しむ。その中でも繊細なライトゲームのテクニックには定評があり、メバルやアジを追い求めて日々フィールドに繰り出す。

    >新保 明弘の記事一覧

  • 鈴木 斉

    ショアからオフショアまで様々なソルトウォーターゲームに精通。名実共にソルト界を代表するアングラーのひとり。フィールド・釣種を選ばず全国各地を釣り歩く。シーバスは勿論、オフショアゲームにも深く精通しており、昨今はヒラマサやマグロといったビッグゲームで多くの実績を挙げる。

    >鈴木 斉の記事一覧

  • 鈴木 洋隆

    幼少の頃から野球で培った精神力で“生粋の4番バッター”のような釣りを展開する。ひとつテンヤに限らず、磯釣り、ジギング、シーバス、船釣りなど様々な釣りをし、柔軟な発想でそれらを融合した自身のスタイルを確立。時には特大ホームラン級の大物を仕留めることも。やるときはやる男気溢れるアングラーで、“テーオー鈴木”の愛称で知られる。

    >鈴木 洋隆の記事一覧

  • 鈴木 遊介

    ロックフィッシュ、オーシャントラウト、鮭釣り、渓流ルアー、エギング、オフショア、バスフィッシングなどマルチにこなすアングラー。ローカルCSにて釣りのレギュラー番組を持ち、様々な場所に出向き釣りに明け暮れている。

    >鈴木 遊介の記事一覧

  • 髙橋 和希

    愛媛県出身、在住。ホームである愛媛県の東部では、河川、港湾部をメインにウェーディング&スニーカースタイルでシーバスを狙っている。釣り自体はメバル、アジといったライトゲームやエギングといったソルトゲームだけではなくフカセ釣りや渓流まで幅広く、若手ながら経験豊富なアングラー。

    >髙橋 和希の記事一覧

  • 高津 利広

    日本中のシーバサーが集まることで知られる「もんじゃ五平」の店長。東京湾奥でボートを使ったシャローゲームでの大型シーバス狙いに定評がある。“論より証拠”の実践派。ボートトーナメントにおいても数々の好成績を残している。

    >高津 利広の記事一覧

  • 山田 秀樹

    磯のヒラスズキやウェーディングゲームなどを愛するロコアングラー。他にもショアジギングやメバルゲームにも精通し、フレッシュウォーターでは雷魚やトラウトもするが、最近では鮎の友釣りにハマっている。

    >山田 秀樹の記事一覧

  • 安田 ヒロキ

    東京湾がホーム。港湾デイゲームを得意とし、磯や河川、干潟等様々なフィールドへ通う。通年を通しシーバスを追いつつアジングやメバリングにもこだわりを持つマルチアングラー。ima最年少の平成生まれアングラー。

    >安田 ヒロキの記事一覧