fimo

新保明弘テスターメバルカラー

574

12月25日、街はクリスマス一色ですね♪

本日はこれからのシーズン、アングラーを熱くするメバルルアーのご紹介。
静岡の尺メバルハンター【新保明弘】監修の尺メバルカラーが登場しました。

派手目のカラーからナチュラル系まで、
幅広い選択肢により状況にマッチさせられる5色を展開しました。

◆さくら◆

全身にラメが入ったピンクカラー。水中まで届く波長の大きい赤い光によってシルエットが変化する。

フロントフックにフッキングするメバルの特徴から、ベリーフロント側にはグローのバイトポイントを。これによりアピール力を倍増させている。マズメ時や常夜灯下、月明かりの多い夜に光を上手く利用するスペシャルカラー。

◆チャートヘッドブルークリアラメ◆

こちらも全身にラメを纏ったカラー。海面に漂い泳ぐゴカイをイメージしたカラー。水中で同化しやすいブルーラメボディが、頭のチャートをバイトポイントとして目立たせている。ベイトフィッシュパターンの時にも威力を発揮しそうな万能のカラー。

◆グローハナダイ◆


ベリー全体がグローで光り、テール部分に銀ラメを集中させることでグローの影となる。さらにそのラメがわずかな光を反射させることによりバイトポイントを演出する。光を当てて蓄光させて、ハイアピールに使用するのも良し、蓄光させず弱い発光でアピールを抑えめにして使用するのも良し。シンプルな外観だがこだわりの1色。

◆コマス◆

グリーンバックとパープルボディのナチュラルオールマイティーカラー。見た目が子供のマスを彷彿とさせるが、様々なベイトフィッシュに対応する万能カラー。河川の流れ込みの中などでナチュラルにアピールさせ、大型の尺メバルに口を使わせるカラー。シリーズの中では一番のナチュラルカラーとなっている。

◆パープルゴールドラメベリー◆

ゴールドホロはベイトライクな輝きも持ちつつアピール力も高いカラー。キビナゴやトウゴロウイワシ等が多いポイントでナチュラルにアピールすることができる。ベイトフィッシュに狂いライズするメバルなどを攻略するのにもってこいのカラー。ベリー部分にはシルバーのラメが散りばめられている。

ルアーラインナップは漁港や小磯でメインに使用する小型のプラグ。


sasuke SF-50


meba CALM

そしてメバル狙いでは少し大きいのでは?と思われるシーバスプラグもご用意。


CALM 80


sasuke SF-95


komomo SF-95 Slim

磯マルを狙っていたのに120mmのルアーにメバルが喰ってきた。
バチシーバス狙いなのに130mmのルアーにメバルが喰ってきた。
こんな経験をした方も多いのではないでしょうか?

メバルは想像以上に大きなルアーに反応を示す事も多いです。
磯やゴロタなどの大場所でアピールさせて大型を釣るにはこのあたりのルアーセレクトも効いてくると思います。

発売は今月12月25日。
各300個限定となっております。
カラーは全ルアー共通5色展開となっております。
 

新保明弘テスター自信のカラーセレクト。
ぜひお試しください!!!