fimo

ウェーディングメバルのススメ by安田ヒロキ

180

みなさんこんばんは。
imaテスターの安田ヒロキです。

いよいよ東京湾奥の魚もかなり落ちて本格的な冬の到来ですね。
年間を通してシーバスを追っていると、この時期はどうしても南下して磯などに入り、産卵に向けたシーバスを釣るというスタイルが多くなるのではないでしょうか。
僕自身もこれからの時期は積極的に南へ向かい磯マルなどを釣る機会を増やしています。
かといって湾奥から魚が完全に居なくなるわけではないので、エリアを絞れば釣果を出す事も可能ではあります。

そして、この時期に夢中になる釣り・・・といえば、メバルですね。

東京湾では冬になるとメバリングを楽しむアングラーが続々と増えてきます。
僕自身もメバルゲームにかなりハマってしまった1人です。

しかし人気のポイントは人が多くスレているのかサイズも出ない。
そんな悩みがあった中で約5年前から開拓し始めたのがウェーディングメバルです。

僕のメインフィールドとなっている東京湾には小場所から大場所まで様々な干潟が点在しています。
その干潟にシーバスを狙いに行くとルアーに藻が付いてくる事はありませんでしたか?
あのうっとおしい藻場、そこにメバルは潜んでいます。

身を隠す事にもエサを捕食する事にも適した隠れ家となっている藻場を見つける事が出来ればウェーディングメバルは成立します。
東京湾では藻場の再生に取り組んでいる人々も沢山います。
むやみに藻場を歩く事はポイントを荒らしてしまう事と同じなので、藻の中を歩かないように進みましょう。
 

そして東京湾は周囲を陸地に囲まれ、どこへ行くにも便利な交通網が発達しているため、風によってポイントを選ぶという事も容易に可能です。
その日の風向きによってアクアラインを渡りポイント移動をすれば選択肢がかなり広がります。

 

僕がウェーディングメバルでメインに使用するルアーはサスケSF-50です。
このルアーはノーマルフックではフローティング、トレブルフックではシンキングという絶妙な浮力設定のルアーです。
使用する状況によってフックを変える事により、アマモの密集地帯の上を引いたり、少しレンジを入れて表層やや下を引く事も出来ます。

ちなみに僕がメバルを狙う際のリトリーブスピードは、ルアーがブルブル大きくウォブリングしない早さを基準にしています。
ウェーディングしている時に自分の後ろにルアーを軽く投げてロッドを自分の前に持ってきて体の横を通るようにリトリーブすればだいたいどんな動きをしているかを見る事が出来ます。

カラーはナチュラル系・パール系の2色を基本とし、金やクリアなどその日の状況によって使い分けています。
僕は基本はメッキベースのナチュラル系で攻める事が多いです。

ポイントの目の前まで自分からウェーディングして接近できるため、掛けてからのファイトもダイレクトで面白いです。
この時期産卵を控えた個体も多くなり、こんなウェイトのあるメバルも釣れてくれます。

 

しかし、プリスポーンのメバルを釣った場合は速やかに逃がしてあげる事を心掛けましょう。
メバルは一度に数千の子孫を残す魚です。
自分が今後楽しく釣りをするためにも、プリスポーンの魚は優しく逃がしてあげたいですね。

狙って釣らないという技術は僕には無いのですが、なにかキーワードがある事は確かだと思います。

真冬に水中にまで入ってわざわざメバルを釣るの?と思うかもしれません。
でも一度体験してみると、このメバルの反応の良さと引き味の面白さにすっかりハマること間違いなし。

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

imaテスター 安田ヒロキ

【imaチャンネル最新動画】
RED中村&濱本国彦 爆釣!東京湾ボートシーバス


https://www.youtube.com/watch?v=BE_NMo27WMo

【イベント情報】
※明日開催※
2014年12月13日(土)
レッド中村・ジェネラル大澤
シーバストークライブin上州屋 上越店
3imhh2zccx75r5r7rvey_320_480-dabef86b.jpg
http://www.johshuya.co.jp/shop/shop.php?s=147&no=235022#tab

☆アムズデザインホームページ☆
https://www.ima-ams.co.jp

☆ima Facebookページ☆
https://www.facebook.com/amsdesign.ima

☆ima Twitterアカウント☆
https://twitter.com/ima_ams

☆imaチャンネル☆
https://www.youtube.com/user/imaAMS

☆LUSH LIFE by ima☆
http://ams-lushlife.jp