ima - For Your Lush Life

Bass Blog

最近の記事
ご挨拶
またまたリザクロで入賞!
スカンキーの腹の色
リザードクロー3.6で優勝!
またまたスカンキーフィッシュ!
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ライトウエイトチューン2016/06/30

ウエイトの話が出たのでもうひとネタ。

スカンキーのウエイトって「3.8g」に設定されています。

ウエイト

3.8gがどんな意味を持つのかあまりピンと来ない方が多いと思いますが、

市販のフロッグについているウエイトの中ではかなり重いです。最重量クラスといっても過言ではないかもしれません(オリジナルサイズフロッグに限る)。

他のメーカーさんのものは大体2.0g~2.8gくらいで、重くても3.3gくらいでしょうか?

だから3.8gのウエイトって相当重いんです。

前回書いたような理由からスカンキーにはこのヘビーウエイトがセッティングされているんですが、「なんだか沈み過ぎてる?」「もうちょっと浅く浮かせたいな…」「着水音をもっと殺したい…」「もっとクイックに動かしたい」なんて時は思い切ってチューンするのもありです。

これ私の私物です。

わかりずらいかもしれませんがウエイトを削ってます。

測ってないので正確にはわかりませんが、多分3.0gくらいです。

もっと言うとお尻のほうをメインに削っているので、ウエイトのバランスがセンターに寄ってきて少しアクションも変わっています。ま、このへんは気のせいかもしれませんけどね(笑)。

ライトウエイト

フロッグのウエイトをいじったことがある方ならお分かりかと思いますが、0.1g単位で全くの別物に変貌しますよね!

このライトウエイトバージョンのスカンキーもかなりイケてるんですよ!(スカンキーのメインコンセプトからはちょっと外れますが)。

やすりで削るだけなので誰にでも簡単に出来ます。是非お試しください。

——————————————————————–

で、せっかくウエイトの話になったので温めてきたネタ(忘れていたとも言う…笑)をもう一つ。

この動画を覚えていますでしょうか?

檜原湖で撮影した、ダビートでスモールマウスを釣るという動画です。

実は内山プロ、使っているダビートを密かにチューニングしているんです。

話の流れからすると…もしかして「ウエイトを削ってる?」

いやいや、

彼、そもそもウエイトを「外して」使っているんです。

完全なノーウエイトなんです。

動画の中で彼が説明している通り、この日は完全なトンボパターン。

スピニングで超遠投しているのでフェザリングしようが何をしようがなかなか着水音が殺せない…。水に浮いたあとももっと小さな軽い虫がうごめくようなアクションを出したい…。何とか出来ないものか…。

そんな経緯を経て思いついたのがダビート「ノーウエイトバージョン」。

バランスが崩れるのでアクションが少し小さくなりますが、逆にそれが虫ライクで良かったようでバッチリハマりました。

ノーウエイトのフロッグってちょっと想像しがたいと思いませんか?てかその思考にちょっと鳥肌立ちませんか?(笑)

この時カメラを回しながら、「さすがカエルの人だな」と僕はちょっと鳥肌立ちました(笑)。

是非お試しくださいとは簡単に言えないチューンですが、こんな世界もあるんだなと是非そんな視点からもう一度この動画を観てみてはいかがでしょうか?