ima - For Your Lush Life

Bass Blog

最近の記事
ご挨拶
またまたリザクロで入賞!
スカンキーの腹の色
リザードクロー3.6で優勝!
またまたスカンキーフィッシュ!
2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

クジラル追加カラー到着!2015/08/03

納期が大分遅れてしまったクジラルですが、何とか2回目のカラーも無事に納品されました。

今週末には全国の小売店様にてお買い求めいただけると思います。

後発の4色はこちらです。

11

う~ん、どれもいい色(笑)

まずは『スノーホワイト』。

12

先に発売されているチャートリュースシャッド同様、非常に視認性が高いカラーです。スイムベイトって基本的にはやっぱり視認性が高いカラーが使いやすいと思うのですが、チャートほどの圧倒的な存在感はなく、どちらかというと光の中では溶け込んで見えづらくなってしまうのがホワイトです。実際の魚もシルバー(ホワイト)が多いですよね。

泳いでいるのをしっかり目で確認しながら使いたいけど、チャートを使うとアピールが過剰になり過ぎてキスバイトが多発してしまう、なんて時にも使い分けが可能だと思います。

そして『アマンダ』。

13

まずはこちらのカラーに関してお詫びがございます。元々情報を先出ししていた時のカラーと実物が少し違うのです。

元々は透けないもう少しキツめのピンクを背負ったカラーだったのですが、最終判断としてこちらのよりクリアな、コットンキャンディ系のピンクでGOしました。

濁り気味の水の中でこのクリアピンクはぼんやりと膨張し、水の上で見るのとは全く違った存在感を放ち、意外なほどにアピール力の強いカラーへと変貌します。

クジラル8色の中ではこの「アマンダ」はちょっと異質な、不思議に艶めかしいカラーです。

内山プロと霞水系のフィールドでテストした時に圧倒的にクリアのピンクに分があったというのも理由の一つです。

そして『オキチョビクロー』と『スプレイドクラス』。

もはやブルーギルカラーの代名詞と言える2色ですよね!

14

15

季節やフィールドによってブルーギルの体色は様々です。

同じギルカラーでも何色か持っているとローテーションが出来て釣りの幅が広がりますよね!

個人的にはステイン~マッディ系の野池なんかのフィールドには透過率が低くシルエットがはっきり出るオキチョビクロー、琵琶湖などで水のクリアアップした時はスプレイドグラスかな?なんて思っています。

というわけで、店頭販売開始はもうすぐです。

皆様、是非ぜひこちらの4色も宜しくお願い致します!

そしてクジラルフォトフェスタへのご投稿も引き続きお待ちしてま~す!