ima - For Your Lush Life

Bass Blog

最近の記事
ご挨拶
またまたリザクロで入賞!
スカンキーの腹の色
リザードクロー3.6で優勝!
またまたスカンキーフィッシュ!
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

フィッシングショーの季節2016/01/22

今年もフィッシングショーの季節になりましたね。

今回当社は横浜Fショーにも大阪Fショーにも出展しないので毎年のようなバタバタはないのですが、その分いつも以上に他社さんの新製品に興味が湧いているような気がします、あくまで個人的に。

最近は「新製品はFショーでお披露目」ではなく、その前段階で情報を出し、事前情報を踏まえた上で来場いただき現物を見てもらうという流れが多いようですね。すごく良いシステムだと思います。事前にある程度の情報があったほうが、ユーザーとしても実際にメーカーの人に聞いてみたいことって明確になってきますもんね。

特にメカものに関してはその傾向が強く、「これは前モデルと比べてどう進歩したんですか?」との問いにメーカーの担当者さんが「‘ここ’のパーツが‘この’数値だけ‘こう’なったんです。だから‘こう’なんですよ」なんて教えてくれると、あ~なるほどね、なんて納得できるわけです。

その分ルアーの説明って難しいですね笑。

アクションがどうのこうのいっても具体的な数値では説明出来ないし、じゃあそれが実釣ベースで魚にどう影響があるのかっていうのも答えはあくまで主観になってしまうし…。例えば「飛距離が伸びた」という説明も使う人によっては同じ答えは返ってこないだろうし…。とか言って何も説明せず「とにかく良いから使ってみてくださいよ!」なんて適当に言ったら「このひと何にもわかってないんだろうな~」と思われてしまうだろうし笑。

でも一つ言えるのは、メーカーの人達って(僕も含めて)お客さんに話しかけられたらそれだけで嬉しい、ということです。

断定的に言い切ってしまいましたが、少なくとも僕はそう思います。

話かけていただいている時点で多かれ少なかれ自社の製品に興味を持っていただいている証拠だと思うし、一般ユーザーの方々と直接お話する機会ってあるようでなかなか無いですからね。

会場に足をお運びの際は、新製品をじっくり眺めるだけでなく、是非そのメーカーの担当者さんと一言二言話をしてみてください。なかには人見知りの方もいらっしゃると思いますが、たった一言声を交わすだけで、そのブースで得られる情報が2倍にも3倍にも増えると思いますよ!

ちなみに2月の名古屋キープキャストにはバス部門だけ出展させていただきます。

近日中に詳細アップしますね!