ima - For Your Lush Life

Bass Blog

最近の記事
ご挨拶
またまたリザクロで入賞!
スカンキーの腹の色
リザードクロー3.6で優勝!
またまたスカンキーフィッシュ!
2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

クジラのブレード2015/04/12

クジラルをクジラルたらしめているもの。

それがこの 『ブレード』 です。

———————————————————-

クジラルには#1サイズ程度のコロラドブレードが標準装備されています。

ボディのカラーによってシルバーとゴールド2種類のブレードが付いています。

IMG_2169

 

実はこのブレード、開発当初は付いて無かったんです。

…付けるつもりもなかったし…。

ですがウッチーとテストを繰り返す中で、

「でも超スーパーデッドスローに泳がせた時はどうしてもシャッドテールの動きは止まっちゃうよね~…どうにかならないもんかね」

って話になり、

「スピナーベイトのノリでブレード付けちゃえば?あれならデッドスローでも回るんじゃない?最悪シャッドテールが止まってもブレードは動くっしょ?(笑)」

と内山君が発した一言がすべての始まりでした。

ブレード

 

最初は、

「ダッセー、そんなのやりたくねえよ(笑)。てかブレードなんてどこに付けんのよ?なんでも奇をてらえばいいってもんじゃないのよ内山先生。オレらはもうあの頃のキッズじゃないんだよ!いい加減大人になれよオトナに!(※最後のほうは意味不明笑)」

と言ってその時は断ったのですが、念のため一応試してみるところがボクの偉いとこですよね(笑)。

結局はブレードを装着することで得られるメリットは大きく、フラッシング&バイブレーションの相乗効果でアピール力が格段に上がり、なおかつブレードが回転する抵抗で後方に引っ張られる力が発生し、スイム姿勢を高次元で安定させることに成功しました。

ウッチー、ホントGOOD JOBでしたね!(笑)

ま、ブレードの取り付け方にはかなり悩まされましたが、ブレードを付けるというアイデア自体は素晴らしかったと思います。ホント、ノーベル賞もんだわ(笑)。

そんなこんなで付けられたコロラドブレード。

いまだかつてブレードが装着されたスイムベイトなんてなかったと思います。

とりあえず今は「一回使ってみてください」、としか言えません。

でも本当にこのブレードがもたらすメリットって計り知れずで、使い込めば使い込むほどその効果に驚かされます。

だったら早く発売してくれよ!って突っ込みは無しにしてくださいね。

発売日に関しては今最善を尽くしていますので(笑)。

———————————————————————————

そしてそんな未発売のクジラルでキャッチした利根川オカッパリフィッシュがこちら。

クジラルフィッシュ

3月半ばに釣った魚ですが、最近忙しすぎてアップするの自分でも忘れてました(笑)。

 

ただの職権乱用ですね!