ima - For Your Lush Life

Bass Blog

最近の記事
ご挨拶
またまたリザクロで入賞!
スカンキーの腹の色
リザードクロー3.6で優勝!
またまたスカンキーフィッシュ!
2018年1月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ディスラットの話2016/03/03

最近今年の新製品『ディスラット』に関しての質問を本当によく受けます。

https://www.ima-ams.co.jp/ima2016/disrat

カラーラインナップやスペック等は、弊社HPに2016新製品特設ページがありますので、是非そちらをご覧ください。

自重約40ℊとなってますが、持ってみると意外に軽く、ミディアムヘビークラスの竿であれば快適にキャスト出来ます。

サイズ感としては大き過ぎず小さ過ぎずといったところで、かなり現実的なビッグベイト?な印象を受けると思います。

ちなみにウッチーが持つとこんな感じ。

IMG_8108

カテゴライズするとなればビッグベイトかもしれないけど、かと言って専用タックルを1セット用意する必要も無い、かなり使い勝手の良いサイズ感であることがわかると思います。

アクションに関してですが、ただ巻きで使った場合は極端なローリングアクションが出るように設定しています。

クローラーベイトを使った時のようなあのアクションピッチ。短い距離の中で出来るだけ沢山のアクションが出るようにその間隔を調整してあります。

そして特徴的な大きなリップと絶妙な浮力バランスが生み出す動き出しのレスポンスの良さと、ボディ後部に残される大きく幅の広い引き波。

ボディに追従して艶めかしく動き回るエラストマーテールは、なんとも怪しい生命感に満ちています。

かなりセットバックしたジョイント部分からはアクションさせるたびにカッコンカッコンといいサウンドを発します。水中にもかなり響いてるはずなので、濁ったフィールドでもアピール度は十分です。

これだけ複雑なアクションの要素を持ったトップウォーターってなかなかないと思うのですが、これらには水面というレンジを逆手に取ってよりルアーを曖昧なものにし、魚の好奇心を煽りより深いバイトに持ち込もうという狙いがあります。

‘水面系ルアーはお手の物’なウッチーが監修しただけあって、魚の習性自体にかなり踏み込んだアクションコンセプトになっています。

次にストップ&ゴーアクション。ここも内山プロがかなりのこだわりを持って作り込んだ部分で、フロッグですら出来ない「更に短い移動距離内でのテーブルターン」を可能にしています。

もうホント、

その場から前に進まないんじゃないかってくらい同じ場所で180度ターンを繰り返します。ま、同じ場所ってのはちょっと言い過ぎかもしれませんけどね(笑)。

ストライクゾーンが極端に短いハイプレッシャーフィールドにおいても、「ネチネチネチネチ、ネチネチネチネチ」と魚を誘うことの出来るこのディスラットはかなりの武器になるのではないでしょうか?

細かなこだわりの仕様はもっとあるのでまたの機会に説明しますが、

どうでしょう、

ここまで聞いてみて。

使ってみたくなった方、多いんじゃないでしょうか?

ディスラット