ima - For Your Lush Life

Bass Blog

最近の記事
ご挨拶
またまたリザクロで入賞!
スカンキーの腹の色
リザードクロー3.6で優勝!
またまたスカンキーフィッシュ!
2017年6月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

USバズライトターンもうすぐ発売です!2016/05/10

もうすぐ発売になる『USバズライトターン』。

既存のレフトターン(ノーマルUSバズ)とどこが違うかというと、その名の通りブレードの曲げの「向き」です。

rightturn

ブレードが反対側に曲がっていることによって水の負荷のかかり方が逆になり、キャストしリトリーブを開始すると、レフトターンは自分からみて左に左に曲がっていくのに対して、ライトターンは右に右に曲がっていきます。

まっすぐ泳ぐバズベイトが好き!という方が多いのも承知していますし当然それはメジャーな意見だと思うのですが、

USバズのように必ずどちらかに曲がっていってしまうバズベイトはそれはそれで非常に「使える」アイテムであり、逆にいうと(何の逆かわかりませんが)それでしか出し得ない特出した性能があるのも事実だと思います。

例えばオカッパリ。

岸を右に進みながらバズベイトを投げていくようなシチュエーションでは、ライトターンを使うことによって岸ギリギリをトレースすることが可能になります。

これをライトターンを使って岸を左に進みながらやってしまうとバズベイト自体が沖に沖に(オープンなほうオープンなほうに)出て行ってしまうのであまりうま味が無いと思います(沖においしいカバーがある場合は別ですが)。

ただし狭い水路などを釣っていて、左に進みながら対面の壁を釣っていきたい場合はライトターンで大丈夫です。大丈夫です、というよりか、そういう釣りはライトターン(このシチュエーションにおいてはです。右に進みながらの場合はレフトターンです、くどいようですが笑)だからこそ出来る芸当です。もちろん逆も然りということになります。

何となくニュアンスが伝わりますでしょうか?

ボートフィッシングならさらに使い方の幅を広げられると思います。

とにかく「曲がりながら進む」というクセのあるバズベイトは、持っていて絶対に損のないアイテムだと思います。

—————————————————————-

今回出るUSバズライトターン。

実はブラック以外はすべて新色です。ちょっとだけカラー紹介を。

IMG_9858

とりあえずまずは定番の『ブラック』。バズベイトの人気色がブラックになったのっていつからなんでしょうか?なんとなくワイヤー物の鉄板色はホワイトチャートかなと信じて疑わなかったのですが、それはもう昔の話なのかもしれませんね(笑)。

でも確かにシルエットが強調されるブラックは水の色を選ばず良く釣れますよね。確かに理にかなった良い色だと思います。多くの方が1色買うならブラック!と考えるのも頷けます。でも使ってみて、良いな、と思ったら他のカラーも買ってくださいね(笑)。

というわけでブラックだけはレフトターン同様そのままの仕様でラインナップ入りです。

IMG_9859

お次は『ブラック&ブルー』。内山プロがどんなルアーでも絶対的自信を持って使う色にブラック&ブルーがありますが、もちろんこれも彼のリクエスト。いかにもアメリカンなカラーだなと思いませんか?私は思います(笑)、これを見ながら3杯はご飯いけます。

IMG_9862

で、鉄板の『ホワイトチャート』。ホワイトチャートはレフトターンにもありますが、これは「GB」とうたっているように「ゴールドブレード」タイプになります。シルバーとはちょっとだけ音が違うとか違わないとか…。個人的にはゴールドのアクセサリーが好きなのでシルバーかゴールドどちらかと言われたら間違いなくゴールドを選ぶと思います。ってなんだそれ笑。

IMG_9861

そしてそして『シェイディシャッド』。ありがちなアメリカンシャッドタイプのカラーですが、USバズには弱めのシャッドカラーのラインナップがありませんでした。というわけでゴースト系のスカートを用いた弱めシャッド色の登場です。ブレードはシルバーブレード。これも使えるカラーですね。

IMG_9860

最後は『バブルガムピンク』。ブレードまでほんのり桜色の、淡い青春の1ページでも思い出してしまいそうな、ちょっと切なく甘酸っぱいカラーです。

冗談はさておき、バブルガムカラーって一見釣れなさそうに見えるのに、昔から絶対無くならないカラーだと思いませんか?

ポップRに代表されるトップウォーター系のプラグしかり、フローティングワーム系しかり。

奇をてらって作った色ならすぐにでも無くなってしまうと思うのですが絶対になくならないカラー。無くならないという事実には必ず無くならない理由があると思うのです。しかもやっぱり釣れる。というわけで今回のラインナップ入りに至りました。

———————————————————————–

いかがでしょうかUSバズライトターン。

今までは日本国内のみの展開でしたが、アイマサポートのフレッドランバニスやポールミューラーなどのB.A.S.Sエリートプロ達からの熱いリクエストにお応えして、今年からアメリカでも発売することになりました。

日本での発売は5月15日(日)を予定しております。

いいタイミングで出荷されますので、スポーニングから回復したバスがどっかんどっかん出ちゃうんじゃないでしょうか?

あ~ダメだ!こうしちゃいられない!

仕事なんてしてないで釣り行こっと!(笑)